吉田正尚 西武ドームのビジョンに間違えられる


9月18日 メットライフドーム

西武ーオリックス 最終戦

 

西武ドーム最終戦恒例の相手チームへのメッセージ。

 

今年は吉田正尚と森友哉の首位打者争いについて触れてくれました。

 

冒頭の「4年前、この西武ドームでプロデビューした吉田正尚選手・・」と、ありますが。

 

吉田正尚は2016年からなので3年前の間違いです!

 

確かに2015年、2016年と西武ドームで開幕戦だったので間違えるのはわかりますが。笑

スポンサーリンク

 

オリックス0-5西武

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 宗佑磨

2.セカンド 福田周平

3.レフト 吉田正尚

4.指名打者 ロメロ

5.サード 中川圭太

6.ファースト モヤ

7.ライト 西村凌

8.ショート 太田椋

9.キャッチャー 若月健矢

ピッチャー 荒西祐大

 

 

荒西はよく頑張りましたよ。

 

〈2回裏〉

1死から外崎にヒット打たれて、1死1塁から

山川に先制のタイムリーツーベース打たれました。0-1

 

よく頑張ったのですが、序盤に先制点は取られたくないですね。

 

 

さらに

〈5回裏〉

この回先頭の栗山にツーベース打たれると、続く木村は送りバント。

 

金子は打ち取りますが、秋山にデッドボールで、2死1.3塁から

源田の打席でダブルスチールの間に失点しました。0-2

 

西武は本当に隙がないですね。

 

 

前回の神戸でのピッチング同様良かったのですが、途中崩れました。

 

〈7回裏〉

この回先頭の外崎にホームラン打たれました。0-3

 

さらに続く山川にフォアボール与えたところで荒西は交代。

 

山田が登板します。

 

続く熊代が送りバントで、1死2塁から

木村にタイムリーツーベース打たれました。0-4

 

さらに金子は打ち取り、2死2塁から

秋山にタイムリー打たれました。0-5

 

試合はこのまま1点も奪えず試合終了。

 

今シーズンの対西武を象徴するような試合でした。

 

8勝17敗は大きく負け越しすぎです。

 

最後に勝ったのが20点取った試合。

 

その後4連敗。

 

何倍返しされたかというような結果ですね。

 

西武とソフトバンクともう少し良い戦いができれば、オリックスも良い位置にいるんでしょうけどね。

 

やっぱり打線の差を痛感した25試合でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。