吉田正尚腰の張りで代打待機も絶対敬遠の場面で登場

IMG_1108

6月28日 メットライフドーム

西武ーオリックス 10回戦

 

吉田正尚の張りでスタメンから外れました。1打席なら行けるとの事で代打として待機。

しかし、終盤の2死2塁という絶対敬遠の場面で登場しました。

これでは意味がないです。笑

スポンサーリンク

 

オリックス4-0西武

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.セカンド 福田周平

2.センター 後藤駿太

3.ショート 大城滉二

4.ファースト 中川圭太

5.レフト 小島脩平

6.ライト 小田裕也

7.指名打者 頓宮裕真

8.キャッチャー 若月健矢

9.サード 安達了一

ピッチャー 山本由伸

 

 

吉田正尚を欠く打線ですが、初回から先制します。

 

〈1回表〉

1死から後藤駿太がフォアボールで出塁し、1死1塁から

大城のタイムリーツーベースで先制しました。1-0

 

山本由伸が先発の時に先制点取れてよかった。

 

 

しかし、山本由伸は序盤はピンチの連続でした。

 

2回裏1死1.2塁、3回裏無死満塁。

絶望的なピンチもありましたが、いずれも無失点で凌ぎました。

 

 

そして、あれよあれよと膠着状態のまま9回へ。

 

貴重な貴重な追加点が入りましたよ。

 

〈9回表〉

1死から若月がヒットで出塁すると、続く鈴木昂平は送りバント。

 

さらに福田がフォアボールで、2死1.2塁から

後藤駿太がライトスタンドへ3ランホームラン!4-0

 

なんとびっくり駿太がホームランです!

 

試合展開的にもあまりにも大きな追加点となりました。

 

1点でも入ればと思ってましたが、3点も入ったんですから。

 

 

そして山本由伸は9回のマウンドにも。

 

この回も無失点で抑えてプロ初の完封勝利を達成しました。

 

どこかで1点でも取られていれば全く違う試合展開になったかもしれませんが、得点を与えないところが防御率No. 1ですよ。

 

チームとしてもリーグ戦再開の初戦を白星スタート。

 

交流戦からの連勝は5連勝まで伸びました。

 

全てビジターでの試合ですからね。

 

さあ、上位とのゲーム差も迫って来ました。

 

まだまだAクラスどころか優勝も狙える位置にいます。

 

チーム状態も上がって来てるので、まずはしっかり西武を叩きたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“吉田正尚腰の張りで代打待機も絶対敬遠の場面で登場” への 4 件のフィードバック

  1. 吉田正尚は構えをしなくても四球で出塁ができる状況を分かってて代打に出されたのだと思います。腰の状態が良くないなら無理に振らせるよりベストな判断だったと思います。

  2. 駿太ファンです、サイン入りユニでいつもライトスタンドから声をからして応援してます。
    駿太が打席に立つ時は、私はいつもHRを期待してます。あたれば飛びますよ、彼は。(あたれば・・)
    今年は西村監督のおかげで、ず~っと上で活躍してくれて感激してます。
    びっくり駿太は勘弁してやって下さい、お願いします。

    1. ハイヤーサーサーさん

      ストレートを完璧に捉えましたね。大きなホームランでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。