中島宏之自由契約 オリックス退団へ

IMG_1108

オリックスの中島宏之が自由契約となり、オリックスを退団する可能性が強くなりました。

 

今年で4年契約が切れる中島に対し、オリックスが規定を超える減俸を提示し、中島がそれを固辞しているためです。

スポンサーリンク

 

中島は2015年にオリックスに入団する時、年俸3億5000万円の3年契約を結びました。

さらに本人が希望するならば、「もう1年契約を延長することができる」というオプション契約も結んでいました。

 

2018年はそのオプションを行使していました。

 

 

そして、契約が切れて、来年以降への契約に対し、オリックスは野球協定を超える2億減の1億5000万を提示したと見られています。

 

これを中島が受け入れない!として、自由契約がほぼ確実となりました。

 

完全に坂口智隆や馬原孝浩の時と全く同じパターンになりましたね。

2人とも大幅減俸を拒否して退団しています。

 

 

中島宏之は今年、77試合に出場し、打率.289、5本塁打、34打点という成績でした。

 

怪我もあり、なかなか試合に出られない時期もありましたが、後半戦は5番バッターに定着して、そこそこ活躍したと思います。

 

しかし、3億5000万の年俸に匹敵する活躍だったかと言われると、物足りないですよね。

オリックス側は、この4年間3億5000万にふさわしい活躍ではなかった!という事なんでしょう。

 

今回の提示額である1億5000万でちょうどいいぐらいじゃないですかね。過去の実績などを込みとしても。

 

個人的には、今回の金額を受け入れてほしいとおもうのですが、プライドなんですかね。

 

果たして、オリックスを退団したら、他に獲得してくれる球団があるのかどうかですよ。

 

古巣の西武が情で獲得しない限り、このまま所属する球団がないまま、ぷらぷらする事になりそうな予感がします。

 

 

中島は現在1759安打で2000本安打まで後241本に迫っています。

順調なら後2.3年で達成できる数字です。

 

また現在194本塁打で200本塁打まで後6本です。

こちらも後1年あれば達成できる数字です。

 

大記録を目の前に、来年の所属先がどこになるのか、また所属先はあるのか注目です。

 

 

追記です。

11月2日、中島の正式なオリックス退団が決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。