侍ジャパン強化試合 2試合目


侍ジャパン強化試合4連戦の2試合目。

 

今日はスタメン少し変えてきました。3番バッターに大谷翔平を持ってきました。

筒香の後ろには坂本が入りました。

 

先発ピッチャーは野村祐輔でキャッチャーは小林誠司で、この2人は広陵高校時代の同級生でバッテリーです。

 

2007年夏の甲子園決勝戦覚えてますか?ストライクをボールといわれ、次の球を満塁ホームラン打たれて、優勝を逃した試合です。

 

その時のバッテリーが野村祐輔と小林誠司なんです。それが日本代表のユニフォームで再会です。

 

試合は昨日とは変わって、日本が大勝でした。

 

スポンサーリンク

 

日本11-4メキシコ

 

先制したのは日本です、1回表。

2死から大谷がツーベースで2死2塁から、中田翔のタイムリーで先制。1-0

 

さらに、2回表。

小林がのフォアボールなどで1死1塁から、秋山のレフトへのツーベースで追加点。2-0

 

しかし、直後の2回裏。

楽天でプレーするアマダーにホームラン打たれました。2-1

 

しかし、直後の3回表。

大谷フォアボール、筒香ライト前ヒットなどで1死1.3塁から、坂本の犠牲フライで追加点。3-1

 

しかし、4回裏でした。

この回、2番のペーニャと5番のベルドゥーサにホームラン打たれ同点。3-3

メキシコはソロホームラン3本ですね。

 

 

しかし、直後の5回表。

先頭の大谷がファースト内野安打、さらに盗塁も決め、内川進塁打で1死3塁から、筒香のファーストゴロの間に勝ち越し。4-3

大谷が素晴らしいスタートきっていました。大谷の足だけでとった1点でしたね。

 

さらに、2死ランナー無しから、坂本ツーベース、鈴木誠也敬遠、代打嶋基宏フォアボールで2死満塁から、秋山が押し出しのフォアボール選び追加点。5-3

 

 

さらにさらに、7回表。

先頭の鈴木誠也がヒット、嶋は倒れて1死1塁から、秋山がレフトオーバーのタイムリーツーベースで追加点。6-3

 

さらに、山田哲人フォアボールで1死1.3塁から、菊池のサードゴロの間に追加点。7-3

 

さらに、大谷フォアボールで2死1.3塁から、内川にもタイムリーが出て追加点。8-3

 

 

日本の2番手は増井です。本番の1次ラウンドには球数制限65球なので、第2先発という形でマウンドに上がりました。

 

7回に1点失いましたが、3回を1失点のナイスピッチング。

 

すると、8回表。

先頭の中島卓也がフォアボールで出塁し、その後、2死3塁から、秋山のタイムリーで追加点。9-4

秋山、今日3本目のタイムリー。9番起用もったいないですね。

 

さらに、9回表。

この回からメジャーリーガーのセルジオ・ロモがピッチャー。

内川フォアボールで2死1塁から、中村晃が2ランホームラン。11-4

怪我の柳田の代役ですが、いいアピールになりました。

 

増井以降は宮西、秋吉とつないで試合終了。昨日は不安の残る試合になりましたけど、今日は日本らしい試合になりましたね。

 

明日、明後日はオランダとの試合です。

 

また、明日はトライアウト。

同じプロ野球選手でも、片や日本代表、片やプロ野球選手を続けれるかの瀬戸際と、天と地の差がありますが、頑張ってほしいと思います。

 

 

 

今日2つ目ですが、最後まで読んでくださってありがとうございます。侍ジャパンと明日トライアウト受ける選手達の活躍を祈ってhappy good

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。