吉田正尚 足首痛で負傷交代し病院直行

IMG_1108

6月21日 甲子園

阪神ーオリックス 3回戦

 

試合の勝敗以上に最悪な事が起こりました。

 

吉田正尚が足首痛で負傷交代し病院直行となりました。

 

勝ち越しとなるタイムリーで喜ぶところがオリックスファンは誰も喜べませんでした。

 

3塁を回ったところで崩れ落ち、這いつくばるように3塁ベースに戻り、そのまま抱えられて退場しました。

 

試合も増井が抑え失敗で引き分けです。サヨナラ負けという最悪の事態は免れましたが、なんとも痛い1戦になりました。

 

吉田正尚の診断結果更新しています。

吉田正尚は右足関節捻挫グレード1

 

スポンサーリンク

オリックス3-3阪神

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 宗佑磨

2.セカンド 福田周平

3.ショート 安達了一

4.レフト 吉田正尚

5.ライト ロメロ

6.ファースト T-岡田

7.サード 大城滉二

8.キャッチャー 若月健矢

9.ピッチャー 山崎福也

 

山崎福也が今シーズン初先発です。

 

 

ロメロの一発で幕を開けます。

〈2回表〉

1死からロメロが左中間へ先制のホームラン!1-0

 

 

投げては山崎福也が5回までノーヒットの素晴らしいピッチング!

 

しかし

〈6回裏〉

この回先頭の馬場の代打・山崎にヒット打たれると、続く糸原は送りバント。

 

続く熊谷のファーストゴロをT-岡田が痛恨のエラー!

 

1死1.3塁のピンチで福留は三振にとりますが、熊谷が盗塁成功。

 

ここで山崎福也から黒木に交代。

 

2死2.3塁から

糸井に逆転の2点タイムリー打たれました。1-2

 

うーん

糸井まで山崎福也続投か、黒木に代えるなら糸井歩かして中谷勝負でもよかった!

 

 

しかし、7回裏を近藤が抑えると流れがきました。

 

〈8回表〉

この回先頭の代打・西野がヒットで出塁すると、続く宗佑磨は送りバント。

 

さらにパスボールで1死3塁から

代打・小谷野が同点のタイムリーヒット!2-2

 

さらに安達送りバントで2死2塁から

吉田正尚が勝ち越しのタイムリースリーベースヒット!3-2

 

ナイスタイムリーですが、吉田正尚ここで足の怪我で負傷交代!心配すぎる。

 

 

8回は山本由伸が抑え、9回は増井が登板。

 

しかし!

〈9回裏〉

この回先頭の糸井に同点ホームラン打たれました。3-3

 

19試合無失点だった増井が痛恨の同点被弾です。

 

吉田正尚のためにも絶対勝ちたかった。

 

その後、野手陣は点を取れませんでしたが、ピッチャー陣も10回は吉田一将、11回は澤田、12回は比嘉が抑えて引き分けでした。

 

 

これでオリックスはパ・リーグの最高勝率となり、1000万をゲット。

 

しかし、今日はそれどころじゃありません。

 

吉田正尚の診断結果それだけが気になります!

 

このブログの上の方にに診断結果を記載したブログを掲載しています。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。