ディクソン 初回6失点ノックアウト


6月9日 神宮

ヤクルトーオリックス 2回戦

 

ディクソンが初回からやってくれました。信じられないくらいの乱調です。

 

ディクソン、初回6失点でノックアウトです。

スポンサーリンク

オリックス3-7ヤクルト

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 小田裕也

2.セカンド 福田周平

3.ライト 吉田正尚

4.ファースト マレーロ

5.レフト T-岡田

6.サード 西野真弘

7.ショート 安達了一

8.キャッチャー 若月健矢

9.ピッチャー ディクソン

 

今日は小谷野が外れて、西野がスタメンです。

 

 

初回から先制します。

〈1回表〉

先頭の小田がフォアボールで出塁すると、すかさず盗塁を決めます。

 

続く福田が送って、1死3塁から

吉田正尚のタイムリーで先制しました。1-0

 

 

いい形で先制しましたが、ディクソンがゲーム壊しましたね。

〈1回裏〉

先頭の山田哲人にヒット打たれると、続く青木には追い込んでからデッドボール。

 

さらに川端の送りバントが内野安打となり、無死満塁から

バレンティンのゲッツーの間に同点に追いつかれました。1-1

 

ここで止めて欲しかったです!

 

 

さらに続く雄平にフォアボールで、2死1.3塁から

藤井に勝ち越しのタイムリー内野安打打たれました。1-2

 

さらに2死1.2塁から

西浦にもタイムリー打たれました。1-3

 

さらに2死1.2塁から

中村に3ランホームラン打たれました。1-6

 

ディクソンいきなり6失点!ちょっとひどいですね。

 

 

しかし、打線は諦めません。

〈2回表〉

この回先頭の西野がスリーベースで、無死3塁から

安達のタイムリーで1点返しました。2-6

 

さらに続く若月が送りバントで、1死2塁から

ディクソンの代打・西村もヒットでつなぎます。

 

1死1.3塁から

小田の犠牲フライで1点返しました。3-6

 

まだまだわからないかなと思いましたが、ヤクルトも先発の原を2回で諦めました。

 

3回から登板のカラシティーを打てませんでしたね。

 

 

オリックスも2番手の山崎福也がゲームを立て直してくれました。

 

 

しかし、打線が思ったよりカラシティーを打てませんでしたね。

 

 

山崎福也が2回から5回まで無失点。

 

3番手吉田一将が6.7回を無失点でつなぎました。

 

 

しかし、8回登板の近藤が打たれました。

〈8回裏〉

1死から畠山にヒット打たれると、代走・上田の盗塁などで2死2塁から

青木にタイムリーツーベース打たれました。3-7

 

これがだめ押し。

 

 

結局、このまま試合終了!

 

明日が中止濃厚なので今日は勝ちたかったですが、本当に悔しい試合になりました。

 

ちょっと今年のディクソンは厳しいですね。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「ディクソン 初回6失点ノックアウト」への2件のフィードバック

  1. 来年も契約残ってるはずなので、なんとか立て直してメッセンジャーの様な存在になって欲しいですね…

    1. ののさん

      2年契約ですもんね。シーズン10勝をファンの人は期待してますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です