吉田正尚 甲子園で孤軍奮闘


6月7日 甲子園

阪神ーオリックス 2回戦

 

関西ダービー2回戦は惜敗。

 

吉田正尚が甲子園で孤軍奮闘です。

逆に言うと吉田正尚以外がさっぱりでした。

 

どれだけ4連勝の壁が高いんでしょうか。

スポンサーリンク

オリックス1-2阪神

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 西村凌

2.セカンド 福田周平

3.ライト 吉田正尚

4.ファースト マレーロ

5.サード 小谷野栄一

6.レフト T-岡田

7.ショート 安達了一

8.キャッチャー 山崎勝己

9.ピッチャー 金子千尋

 

金子千尋のときは山崎勝己です。

 

 

相手先発秋山もよくて、序盤は投手戦でしたが。

〈3回裏〉

この回先頭の梅野にヒット打たれると、続く秋山は送りバント。

 

さらに糸原にヒット打たれると、続く植田にはフォアボール。

 

その1死満塁から

福留に先制の犠牲フライ打たれました。0-1

 

よく1点で凌ぎました。

 

 

5回まで無得点でしたが、ようやく点取ります。

〈6回表〉

この回先頭の西村がヒットで出塁すると、続く福田が送りバントで1死2塁から

吉田正尚のタイムリースリーベースで同点に追いつきました!1-1

 

吉田正尚はこの時点で猛打賞で素晴らしい活躍なんですが、続く1死3塁を活かせれませんでした。

 

 

すると、直後でした。

〈6回裏〉

1死から糸井にヒット打たれると、その後、2死1塁から

鳥谷にタイムリーツーベース打たれました。1-2

 

てか、この鳥谷の打球は右中間を深々と破ったとかではなく、普通の当たりです。

この当たりで1塁ランナーを返す外野の守備が本当にまずいです!

 

 

結局、金子千尋は6回まで投げて2失点だったのですが、打線が1点しか取れず惜敗です。

 

5回表の1死2.3塁と6回表の1死3塁ですね。

もう1点取れていたら、試合は違っていたと思います。

 

関西ダービーはとりあえず1勝1敗。もう1戦は再来週になります。

 

気持ちをしっかり切り替えて、明日から好調ヤクルトと戦いましょう!

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です