吉田正尚 京都でアメイジング

IMG_1108

5月27日 わかさスタジアム京都

オリックスーロッテ 11回戦

 

貧打で苦しい試合でしたが、投手陣の頑張りでなんとか勝つことができました。

 

吉田正尚京都でアメイジングです。吉田正尚のおかげで勝つことができました。

スポンサーリンク

オリックス3-2ロッテ

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 宮崎祐樹

2.セカンド 山足達也

3.ライト 吉田正尚

4.指名打者 ロメロ

5.ファースト 小谷野栄一

6.ショート 安達了一

7.レフト T-岡田

8.サード 大城滉二

9.キャッチャー 若月健矢

ピッチャー 田嶋大樹

 

また出ました。対左用の打順。

 

山足が左投手に強いんですかね。

 

 

今日も初回に点を取ります。

〈1回裏〉

1死から山足がフォアボールで出塁し、1死1塁から

吉田正尚が先制の2ランホームラン!2-0

 

高めのボール球をライトスタンドに持っていきました。

 

 

しかし

〈4回表〉

この回先頭の角中にヒット打たれて、無死1塁から

ドミンゲスに同点の2ランホームラン打たれました。2-2

 

またドミンゲスです。

打たれてるのは昨日から全部ストレートなんですよ。

 

変化球投げとけば打ち取れると思うのですがね。

 

 

田嶋は6回まで投げて2失点でした。

 

今日はボール先行で、終始苦しいピッチングでした。

 

球数も多く、ピンチも多かったですね。珍しくフォアボールも多かったです。

 

 

7回は黒木が登板。

いきなり無死1.2塁のピンチを迎えますが、なんとか0で抑えました。

 

 

8回は山本由伸が登板。

ここも安達のビッグプレーが救いました。

 

 

そして8回裏でした。

〈8回裏〉

2死から後藤駿太がフォアボールで出塁すると。

 

続く山足もフォアボールで、2死1.2塁から

吉田正尚が勝ち越しのタイムリーヒット!3-2

 

フォアボールでもらったチャンスを吉田正尚が決めてくれました。

 

本当に今日は吉田正尚様々です。

 

 

9回は増井が登板。

いきなりフォアボールを与えますが、なんとか無失点で抑えました。

 

 

交流戦前の最後の試合を白星で締めくくることができました。

 

気づけば首位西武とは5ゲーム差。3位ソフトバンクとは0.5ゲーム差。

 

借金も1です。次こそ勝率5割復帰へ再チャレンジですね。

 

 

今日、勝つと負けるとでは全然違ったので、本当に勝ててよかったです。

 

交流戦で打線が復調してほしいです。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“吉田正尚 京都でアメイジング” への 2 件のフィードバック

  1. ドミンゲスに打たれたのはスライダーだそうです
    しかし、定期的にオリキラーな助っ人外国人がニョキニョキ出てくるのは一体なんなのか…

    1. ののさん

      スライダーでしたか。
      去年もダフィーによく打たれました。対策してほしいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。