初ホームランが先頭打者ホームランだった歴代の選手

IMG_1108

先日、オリックスの宗佑磨がプロ初ホームランを先頭打者ホームランで飾りました。

 

また、今年、横浜ベイスターズの神里和毅もプロ初ホームランを先頭打者ホームランで飾りました。

 

スポンサーリンク

 

ここで1990年以降、プロ初ホームランが先頭打者ホームランだった選手をまとめてみました。

 

・大島公一(近鉄)1993年6月15日

・村松有人(ダイエー)1998年4月12日

・坪井智哉(阪神)1998年7月4日

・大西宏明(近鉄)2004年4月2日

・赤松真人(広島)2008年4月29日

・宮崎祐樹(オリックス)2012年9月29日

・鈴木誠也(広島)2014年9月25日

・中村奨吾(ロッテ)2015年4月30日

・高山俊(阪神)2016年3月31日

・杉本裕太郎(オリックス)2017年9月9日

・神里和毅(横浜)2018年4月12日

・宗佑磨(オリックス)2018年4月30日

 

以上、12人います。

 

 

どうでしょうか。記憶に新しい物もありますね。

 

阪神の坪井智哉は確か初ホームランはランニングホームランだったと思います。

 

近鉄の大西宏明のホームランも覚えています。

オリックスブルーウェーブの本拠地開幕戦で具臺晟からのホームランでした。

 

2012年の宮崎のホームランも覚えてますよ。

宮崎はこれがプロ初ヒットでもあったんですよね。

 

プロ初ヒットが先頭打者ホームランという珍しい記憶でした。

 

プロ初ヒットが先頭打者ホームランといえば、去年の杉本もですね。

記憶に新しいです。

 

ちなみにプロ初ヒットが先頭打者ホームランという選手はこちらを参考にしてください。

プロ初ヒットが先頭打者ホームランの選手

 

 

オリックス多いですね。

 

今年も4月だけで2人達成しました。

 

これからどんな記録が生まれるか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。