山足達也プロ初ヒットもその1本だけ

IMG_1108

3月30日 ヤフオクドーム

ソフトバンクーオリックス 1回戦

 

待ちに待ったプロ野球の開幕戦。今年も始まりました。

 

しかし、我がオリックスは2010年以来の勝ち星はあげられませんでした。

しかもルーキー山足の1安打のみに抑えられて完封負け。

 

去年の延長のような試合でしたね。。。

スポンサーリンク

オリックス0-2ソフトバンク

 

まず、開幕戦のスターティングメンバーです。

1.センター 宗佑磨

2.セカンド 山足達也

3.レフト 吉田正尚

4.ライト ロメロ

5.ファースト 小谷野栄一

6.指名打者 マレーロ

7.サード 大城滉二

8.キャッチャー 伊藤光

9.ショート 安達了一

ピッチャー 西勇輝

 

開幕投手は西勇輝。

 

山足達也はルーキーながら開幕スタメンです。ルーキーの開幕スタメンは2007年の大引啓次以来。

あの時も福岡ドームで斉藤和巳からヒットを記録しました。

 

また、宗佑磨もプロ初の開幕スタメンです。

 

 

試合はいきなり山足が思い出に残る1本を打ちました!

 

〈1回表〉

プロ初出場、初スタメン、初打席の山足達也が初球をセンター前ヒット!!

 

あっさりプロ初ヒットを記録しました。おめでとうございます!

 

改めて、山足達也はこんな選手です。

山足達也 ホンダ鈴鹿→オリックス

 

 

試合は開幕戦らしい投手戦になりました。

オリックスの西勇輝、ソフトバンクの千賀滉大ともに素晴らしいピッチングでした。

 

試合はずっとスコアレスの展開。

しかし、8回裏にゲームは動きました。

 

〈8回裏〉

この回先頭の上林にヒット打たれると、続く甲斐は送りバント。

 

さらに今宮、本多に連打で1死満塁から

柳田に2点タイムリーツーベース打たれました。0-2

 

ここで西勇輝は降板!よく投げました。ナイスピッチングでした。

 

続く1死2.3塁のピンチは、2番手近藤が抑えてくれて、なんとか西勇輝の自責点は2点で済みました。

 

 

しかし、打線は最後までソフトバンク投手陣を打てず、1安打完封負け。

 

しかも、きっちり27人で攻撃は終わりました。

 

 

いくら相手のピッチャーが良いといえど、もう少しなんとかならなかったですかね。

 

去年の延長のような試合でした。

今年は違うぞ!というところを見せて欲しいですね。

 

ピッチャーは良いと思うので、カギは打線になりそうです。

 

 

さて、明日は田嶋大樹がプロ初のマウンドに立ちます。

 

田嶋にも頑張って欲しいですが、まずは打線の奮起にも期待です!

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“山足達也プロ初ヒットもその1本だけ” への 3 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。