金子千尋 伏見とは合わないか

IMG_1108

3月13日 ZOZOマリンスタジアム

ロッテーオリックス オープン戦

 

初のオープン戦ビジターの試合。

本拠地開幕先発候補の金子千尋が、本拠地開幕戦相手とのピッチングでしたが、不安の残る内容となりました。

スポンサーリンク

オリックス2-4ロッテ

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 宗佑磨

2.セカンド 大城滉二

3.レフト 吉田正尚

4.ライト ロメロ

5.サード 小谷野栄一

6.指名打者 マレーロ

7.ファースト 山足達也

8.キャッチャー 伏見寅威

9.ショート 安達了一

ピッチャー 金子千尋

 

今日は金子千尋ー伏見寅威のバッテリーです。

 

オリックスは初回からいい形で先制しました。

 

〈1回表〉

先頭の宗佑磨がピッチャー強襲の内野安打で出塁すると、すかさず盗塁!!

 

大城は右打ちの進塁打で1死3塁から

吉田正尚の内野ゴロの間に先制しました。1-0

 

 

さらに2回表

〈2回表〉

この回先頭の小谷野がヒットで出塁すると、続くマレーロがフォアボール。

 

さらに山足が進塁打で1死2.3塁から

伏見の内野ゴロの間に追加点。2-0

 

バントをせずに進塁打で進めてヒット以外で得点をとる、この2イニングはいい攻撃ができたんじゃないですかね!

 

 

金子千尋は3回までランナーを出しながらも無失点に抑えていましたが、4回に捕まりました。

 

〈4回裏〉

1死から田村にヒット打たれると、続く平沢にもヒット打たれて1死1.3塁から

荻野貴司にタイムリー打たれました。2-1

 

さらに1死1.2塁から

根元に逆転の2点タイムリー打たれました。2-3

 

さらに中村にフォアボールを与えたところで降板。

 

3回3分の1を投げて、7安打3四球3失点という内容でした。

 

 

まだオープン戦とはいえ、この内容では不安しか残りません。

 

キャッチャーが伊藤光ではなく、伏見だったからと言うのは言い訳になります。

 

キャッチャーが変わったことによって、これだけピッチングが悪くなるのはエースではないですよ!

 

次に向けてしっかり調整してほしいです。

 

 

試合は5回裏、2番手の小林も捕まります。

 

〈5回裏〉

1死から菅野にツーベース打たれると、続く田村にはフォアボールで1死1.2塁から

平沢にタイムリーツーベース打たれました。2-4

 

今日はロッテの下位打線によくやられましたね。

 

 

試合はそのまま2-4で敗れました。ビジターでどれだけ勝てるかだと思うので、明日は勝ってほしいです。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“金子千尋 伏見とは合わないか” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。