若月健矢 契約更改2017→2018

IMG_1108

1500万→2000万

若月は500万円アップの2000万円で契約を更改しました。

 

今年は1年間一軍に帯同し、初の開幕マスクをかぶりました。

 

しかし、結果的に開幕投手の金子千尋と相性が合わず、また、同い年の山岡泰輔とシーズン序盤はバッテリーを組むも、最終的にはともに伊藤光にレギュラーの座を奪われました。

 

結果的に、プロ最多の100試合に出場するも、85試合だった去年と比べて、打席数もヒット数も打率も下回っています。

 

それでも、シーズン終盤にはプロ初ホームランを打ちました!

 

また、宇佐美の怪我とはいえ、侍ジャパンも経験しました。

スポンサーリンク

 

若月のコメントです。

「今シーズン1年間一軍でプレーできたことは良かったと思います。自分が一軍に入ってはじめて4月5月はずっとAクラスでプレーできていたので、良い緊張感の中プレーできたと思います。

連敗が続くシーズンでしたが、次の日には先発ピッチャーも変わるので、気持ちの切り替えを多く学ばせてもらったシーズンでした。

侍ジャパンで、歳の近い甲斐さんや田村さんと一緒にプレーしてみたら自分の力の無さがよくわかりました。

田村さんのピッチャーとのコミュニケーション能力の高さや甲斐さんのスローイングのレベルの高さも勉強になりました。

ウィンターリーグに志願して出場するのは、試合をしないとなかなか課題も見えてこないので、成長し続けるためにも試合に出たいからです。

来年の意気込みは最初から最後まで出ることです。最後まで出るにはやっぱり打てないと出られないと思うので、最低でも2割5分、40打点以上を目指して、得点圏で打てるようにやっていきたいと思います。」

と、コメントしています。

 

若月はかなりのハードスケジュールです。

先日、侍ジャパンが終わりましたが、早速、台湾ウインターリーグに参加します。

 

ただ、若月ぐらいの年代なら試合に出てなんぼですし、もっと試合成長してもらわないと困ります。

 

とりあえず、2割ちょっとの打率はなんとかしてほしいですね。

 

 

2018年は大学を卒業した同世代が入ってきます。

プロでの先輩として意地を見せてもらいたいです!

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。