マット・カラシティ オリックス新外国人候補だったがヤクルトへ


マット・カラシティ

1991年7月23日生まれの26歳(2017年現在)

オリックスでいうと、山田修義や杉本裕太郎、近藤大亮と同い年です。

 

身長190センチ、体重92kgの大型の右ピッチャーです。

 

150km前後のストレートにスライダー、チェンジアップ、スプリットを持ち球としているリリーフタイプのピッチャーです。

 

 

大学卒業で2012年のドラフト6位でロッキーズに入団しました。

 

メジャーリーグデビューは2016年までかかりました。

 

19試合に登板し1勝をあげたものの、防御率は9.19でした。

 

 

しかし、今年はロッキーズとカブスでプレーし、3Aですが46試合で21セーブあげています。

 

三振をとれるパワーピッチャーで49回3分の2を投げて68奪三振という、高い奪三振率を誇っています。

 

3Aでの通算成績は1勝3敗23セーブ。防御率は2.86とまとまっています。

 

 

オリックスは平野佳寿のメジャーリーグ移籍とヘルメンが対談濃厚でリリーフ陣や抑え候補が必須です。

 

まだ獲得は正式に決まっていませんが、もしオリックスに入団するのであれば、コーディエの二の舞にならないことを願っています。

 

追記です!

オリックスも獲得を検討していましたが、ヤクルトに入団することになりました。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。