吉田正尚決勝タイムリーもディクソン勝てず


9月8日 Koboパーク宮城

楽天ーオリックス 20回戦

 

ディクソンの9勝目とはなりませんでしたが、岸相手によく勝ちました。

 

吉田正尚がいいところで打ってくれましたし、西野もいい働きをしました。

スポンサーリンク

オリックス4-2楽天

 

先発ピッチャーはディクソンと岸です。

 

予想通りの投手戦となりましたが、先制点とりました。

 

3回表

この回先頭の安達がヒットで出塁すると、続く今日久しぶりにスタメンの山崎勝己が送りバント。

 

1死2塁のチャンスから

西野のタイムリーで先制しました。1-0

 

しかし、4回裏

1死からペゲーロにフォアボール与えると、続く銀次にもヒットでつながれます。

 

続くウィーラーは打ち取って、2死1.3塁から

アマダーに同点のタイムリーツーベース打たれました。1-1

 

 

ディクソンは5回で降板しました。もう1イニング行けなかったですかね?

 

結果論ですが、もう1イニング行けてたら勝ち投手でした。

 

 

2番手金田が6回裏を三者凡退で抑えると、直後の7回表でした。

 

 

7回表

1死から西野がスリーベースで出塁すると。大城は倒れて2死3塁から

 

吉田正尚が勝ち越しのタイムリーツーベースヒット!2-1

 

振り切ったから、センター前に落ちるのです。

 

さらに2死2塁から

ロメロにもタイムリーが出ました。3-1

 

この回、ツーアウトから勝ち越しに成功しました。

 

 

しかし7回裏

この回から黒木が登板しますが、先頭のアマダーのショートゴロを安達がエラー。

 

さらに続く嶋基宏にはフォアボールを与えたところでヘルメンに交代。

 

正直、今の黒木はこういう場面では使えないですね。一度リフレッシュさせた方がいいですね。

 

代わったヘルメンはオコエを三振に打ち取りますが、島内にフォアボールを与え満塁のピンチ。

 

1死満塁から

藤田の内野ゴロの間に1点返されました。3-2

 

しかし、続く2死2.3塁のピンチは岡島を空振り三振で抑えました。

 

ヘルメン踏ん張りましたね!ちなみに、安達のエラーで出たランナーなので、黒木の自責点は0です。

 

 

追加点がほしいオリックスは

 

8回表

2死ランナー無しから安達がヒットで出塁し、2死1塁から

 

伊藤光のタイムリースリーベースが飛び出しました。4-2

 

この1点が大きかったですね!

 

 

8回は近藤が抑えて、9回に平野佳寿が登板。

 

9回裏

1死からオコエにヒット打たれると、続く島内にはフォアボールを与えます。

 

一打同点、一発出ればサヨナラのピンチを迎えますが

 

最後は藤田をゲッツーに打ち取り、オリックス勝ちました。

 

 

2番手の金田が3勝目。でも、ディクソンに勝ちをつけたかったです。

 

 

それでも岸に2戦2勝ですか。よく勝ちましたね。

 

明日の山岡にも頑張ってもらいましょう。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。