平野佳寿150セーブ 歴代のセーブ数は


27日の試合で平野佳寿が通算150セーブ達成しました

 

2006年に入団して12年目。大卒で入団し、先発も中継ぎも経験した後に抑えになり、積み上げてきた150セーブです。

 

 

平野佳寿は入団時は先発でした。

 

ルーキーながら10完投4完封して、初年から活躍していました。

 

しかし、2008年に右肘痛がおこり、投げられない日々や、勝てない日々が続きました。

 

 

それでも2009年に復活すると、岡田監督の下で中継ぎ転向。

 

2010年から素晴らしい成績を残しました。

 

2013年から正式に抑えに転向。実働5年で150セーブは素晴らしいです。

スポンサーリンク

 

年度別成績

2010年 32ホールド 2セーブ

2011年 43ホールド 2セーブ

2012年 21ホールド 9セーブ

2013年 9ホールド 31セーブ

2014年 8ホールド 40セーブ

2015年 10ホールド 12セーブ

2016年 8ホールド 31セーブ

2017年 7ホールド 23セーブ 8月27日現在

 

通算 138ホールド 150セーブ

 

 

ご覧の通り、中継ぎ時代にホールドも積み重ねており、150ホールドもあと少しです。

 

 

150ホールド、150セーブとなるとまだ誰も到達していないので、是非目指してほしいと思います。

 

セーブ数も250セーブは行けるんじゃないかなと思っているので、これからも平野佳寿には最終回のマウンドに立っててほしいと思います。

 

 

今回、150セーブあげたのは史上13人目ですが、歴代のセーブランキングはというと

 

1位 岩瀬仁紀 404セーブ

2位 高津臣吾 286セーブ

3位 佐々木主浩 252セーブ

4位 小林雅英 228セーブ

5位 藤川球児 223セーブ

6位 サファテ 218セーブ

7位 江夏豊 193セーブ

8位 馬原孝浩 182セーブ

9位 クルーン 177セーブ

10位 武田久 167セーブ

11位 永川勝浩 165セーブ

12位 豊田清 157セーブ

13位 平野佳寿 150セーブ

 

と、そうそうたる顔ぶれに平野佳寿もランクインしました。

 

まだまだ上行けますね。

 

これからの活躍に期待しましょう。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“平野佳寿150セーブ 歴代のセーブ数は” への 2 件のフィードバック

  1. 150-150はやっぱり居ないのかぁ
    その内に100-100-100とかも見たいンゴねw

    (100勝100ホールド100S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。