西勇輝骨折で今季絶望も金田移籍後初勝利


8月22日 ほっともっとフィールド神戸

オリックスー日本ハム 17回戦

 

初回から大変な試合になりました。吉田正尚も途中交代でいろいろあった試合でした。

 

それでも、みんなでカバーしてみんなで勝ち取った1勝ですね。

 

金田は移籍後初勝利となりました。

スポンサーリンク

 

オリックス5-2日本ハム

 

先発ピッチャーは西勇輝と有原です。

 

初回から事件が起こります。

 

1回表

先頭の西川は打ち取りますが、続く松本の2球目、痛烈なピッチャーライナーが西勇輝を直撃!

 

一度ベンチで治療したのち、再びマウンドにあがりますが

 

中田翔に2ランホームラン打たれました。0-2

 

西勇輝はこの回は投げ切りますが、1回終わったところでマウンドを降りました。

 

その後の状態はこちら

西勇輝 打球直撃で1イニングで降板 診断は骨折

西勇輝、骨折でした。本当に残念です。

 

 

2回からは金田がマウンドに上がりました。

 

三者連続三振に抑えると、直後の2回裏でした。

 

2回裏

この回先頭のロメロが反撃の狼煙をあげるホームラン!!1-2

 

さらに、小谷野ツーベースで無死2塁から

 

中島が逆転2ランホームラン!!!3-2

 

中島は本当に絶好調ですね。

 

 

2回からスクランブル登板の金田は4回まで投げて無失点に抑えました。

 

5.6回は小林が無失点に抑えると

 

6回裏

2死ランナー無しから、中島がフォアボールで出塁すると、続く宮崎がツーベースで2死2.3塁から

 

小島が貴重な2点タイムリーヒット。5-2

 

この追加点は大きかったですね。

 

その後、7回はヘルメン、8回は近藤が抑え

 

9回は平野佳寿が抑えて試合終了。

 

 

5回には体調不良を訴え、吉田正尚が途中交代していました。

吉田正尚 体調不良で途中交代

 

いろいろあった試合でしたが、みんなで勝ち取った1勝です。

 

2番手で3イニングをなげた金田が移籍後初勝利です。

 

スクランブル登板でしたが、よくゲームを作り直してくれました。

 

 

ロッテ戦で打たれたあとだったので、いいピッチングができて良かったですね。

 

 

あとは、今日1軍復帰の宮崎も活躍しました。

 

リリーフが盤石になってきたので、序盤でリードを奪うと逃げ切れますね。

 

T-岡田の150号も平野佳寿の150セーブも後少しです。

 

 

西勇輝が今シーズン絶望なのは本当に残念ですが、いるメンバーで頑張って行くしかないですね。

 

 

さあ、明日は金子千尋です。

 

10勝目を手にしましょう!

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“西勇輝骨折で今季絶望も金田移籍後初勝利” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。