黒木優太リリーフ失敗もロメロサヨナラホームラン


8月1日 京セラドーム大阪

オリックスーソフトバンク 14回戦

 

大変な試合でした。

 

すんなりは勝てなかったけど、総力戦でなんとかものにしましたね。

 

ロメロがやってくれました。

スポンサーリンク

オリックス5-4ソフトバンク

 

先発ピッチャーはディクソンと石川です。

 

ディクソンは序盤からさすがのピッチングを見せてくれていました。

 

それに打線も応えます。

 

3回裏

この回先頭の若月がヒットで出塁すると、続く吉田正尚がフォアボールでつなぎます。

 

そして、西野がバントヒットで出塁して無死満塁から

 

今日3番に入った中島の犠牲フライで先制しました。1-0

 

 

さらに4回裏

T-岡田が第20号のホームラン打ってくれました。2-0

 

節目の20号はカウント3ボールから打っていきました。

 

 

しかし5回表

この回先頭の中村晃にヒット打たれて無死1塁から

 

上林にタイムリースリーベース打たれました。2-1

 

しかし、続く無死3塁のピンチは抑えましたよ。

 

 

すると、直後の5回裏

この回先頭の西野がライトスタンドに第1号のホームラン。3-1

 

さらに続く中島が振り逃げで出塁すると、マレーロがフォアボール、武田がデッドボールで、ノーヒットで満塁のチャンスを作ると

 

安達が押し出しのフォアボールを選びました。4-1

 

しかし、今日も残塁が多く、一気に畳み掛けられませんでした。

 

 

投げてはディクソンが7回1失点のナイスピッチング。

 

8回は近藤がランナーを出すものの抑え、9回は黒木が登板。

 

前回、リリーフ失敗してのリベンジ登板です。

 

しかし、先頭の柳田にヒット打たれると、1死後、中村晃にもヒット打たれて1.3塁から

 

上林にタイムリー打たれました。4-2

 

さらに、続く真砂のセカンドゴロで2死2.3塁から

 

福田に痛恨の同点タイムリー打たれました。4-4

 

ディクソンの勝ちが消えました。

 

黒木は2試合連続のリリーフ失敗です。

 

疲れも溜まってるでしょうけど、これではちょっと困ります。

 

 

その後、9回途中から10回までヘルメン、11回は大山、12回は小林が抑えてくれました。

 

黒木は打たれたけど、残りのピッチャーが頑張ってくれたから、こういう結末が待ってたんですよね。

 

12回裏

この回から抑えのサファテが登板。

 

4番ロメロがサヨナラホームラン打ってくれました!!5-4

 

ロメロがやってくれました。

 

今シーズン2本目のサヨナラホームランです。

 

5時間を超えるゲームに終止符を打ってくれました。

 

最初のチャンスではダメだったけど、こういうところで結果出してくれるのはさすがです。

 

 

気になるのは黒木ですが、チームが勝ったということで、責任も少しは減るでしょうか。

 

次は期待してますよ。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。