1番吉田正尚 3番小島も後半戦 勝ちなし 6連敗


7月25日 西武ーオリックス 西武ドーム

 

クライマックスシリーズ生き残りをかけ、大事な大事な西武戦。

 

今シーズン西武に相性のいい西野を昇格させ、吉田正尚を1番に、小島を3番にと、打順を変えてきましたが実らず。

 

クライマックスシリーズが遠のく1敗となってしまいました。

スポンサーリンク

オリックス2-7西武

 

先発ピッチャーはディクソンと十亀です。

 

いじってきた打線がいきなり機能します。

 

1回表

先頭の吉田正尚がツーベースで出塁すると、西野もヒットでつないで、無死1.3塁から

 

小島の犠牲フライで先制しました。1-0

 

 

粘っていたディクソンでしたが4回裏

中村剛也に同点のホームラン打たれました。1-1

 

さらに5回裏

この回先頭の岡田にデッドボールを与えると、続く金子侑司にヒットでつながれ無死1.2塁から

 

秋山に勝ち越しのタイムリーツーベース打たれました。1-2

 

さらに無死2.3塁から

源田に2点タイムリー打たれました。1-4

 

ディクソンは5回4失点ノックアウトです。

 

 

このまま諦めるわけにはいかないオリックスは6回表

吉田正尚が第2号のホームラン打ちました!!!2-4

 

この人の一発が見たかったんですよ。

 

 

追い上げを見せましたが、7回裏

2番手金田が金子侑司にツーベース打たれ、秋山を迎えたところで大山に交代。

 

しかし、秋山にタイムリーツーベース打たれました。2-5

 

さらに源田にもヒット打たれ、大山は仕事を果たせませんでした。

 

変わった小林も浅村にタイムリー打たれ、さらにワイルドピッチでもう1点失いました。7-2

 

 

オリックスは終盤チャンスを作りますが、後1本が出ず、敗れました。

 

 

これで西武と9.5ゲーム差。今までで1番3位とゲーム差付いてるんじゃないですかね。

 

後半戦は勝ちなしの6連敗です。

 

せっかくオールスター前は、日本ハムに3タテして、勢いついたのに、完全に勢い止まりましたね。

 

後半戦初戦の逆転サヨナラ負けが本当に悔やまれますよ。

 

 

まあ、まだ試合数は残っているので、一戦一戦しっかり戦って、奇跡を見せて欲しいですね。

 

残り2試合は2勝が絶対ですよ!

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“1番吉田正尚 3番小島も後半戦 勝ちなし 6連敗” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。