若月健矢 左上顎部打撲 全治は


18日の試合で、3回表に唐川から頭部死球を受けた若月の診断がわかりました。

 

左上顎部打撲

 

です。

 

骨の脳には異常が無いということで、ひとつ安心しました。

 

当たった瞬間の映像を見たときはびっくりしましたね。

 

でも、ボールが弾んでいったから大事にはならないかなと思っていました。

 

ボールが真下に落ちると、勢いを全て吸収しているので、危険です。

 

 

若月自身もうまく避けたんでしょうね。

 

鼻にあたらなくてよかったです。

 

鼻だと骨折しやすいですから。

 

 

結局、診断は左上顎部打撲ということで、骨折ではなく、打撲ということが不幸中の幸いです。
スポンサーリンク

顎を骨折すると結構大変なんですよ。

 

まず、顔というか顎の形が変わりますし、患部周辺に炎症や痛みが伴います。

 

知覚麻痺にもなりますし、口を開けるのも大変です。

 

また、歯の噛み合わせがずれてくることもあります。

 

何よりも全治に1.2ヶ月ほどかかりますので大変です。

 

その間ずっと顔を固定しないといけないですからね。

 

 

それを考えると、今回は骨折じゃなくて本当によかったと思います。

 

 

では、打撲だったらどれぐらいで治るのかというと、ほんの数日です。

 

炎症や痛みは多少は残っているでしょうが、痛みや腫れが引けば、特に問題はありません。

 

登録も抹消はしていませんよ。

 

おそらく、次の楽天戦から出ようと思えば出れると思います。

 

ただ、21日は金子千尋なので伊藤光だと思うので、若月は少し休んでもらっていいかなと思います。

 

逆に、伊藤光にはチャンスだと思うので、レギュラーを取り返すつもりで頑張ってほしいですね。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。