大谷翔平 初登板 伊藤光 ヒーローインタビュー


7月12日 オリックスー日本ハム 京セラドーム

 

満員御礼の京セラドーム大阪、今日は大谷翔平の今シーズン初登板です。

 

しかし、好調なオリックス打線が打ち崩し、大谷に初めて黒星をつけました。

スポンサーリンク

オリックス6-3日本ハム

 

先発ピッチャーは金子千尋と大谷翔平です。

 

大谷翔平は2イニング限定の予定だったので、早いうちに攻略してほしかったのですが、その通りになりました。

 

2回裏

1死から小谷野がフォアボールで出塁すると、続くマレーロが内野安打でつなぎます。

 

さらに、T-岡田もヒットでつないで1死満塁から

 

大城が押し出しのフォアボールを選びました。1-0

 

ここで早くも大谷翔平はノックアウトとなりました。

 

そして、なお1死去満塁から、2番手メンドーサの初球を

 

伊藤光がレフト線へ走者一掃のタイムリーツーベース。4-0

 

金子千尋の時にしか出番がない伊藤光が存在感を見せてくれました。

 

この3点はすべて大谷翔平の自責点になるので、1回3分の1で4失点という内容でした。

 

伊藤光のツーベースのあと、小島もヒットでつなぎ、1死1.3塁から

 

駿太の犠牲フライで追加点。5-0

 

一気に攻略しました。

 

 

しかし、金子千尋は3回表

2死から西川、松本に連続フォアボールで1.2塁から

 

中田翔にタイムリー打たれました。5-1

 

 

それでも4回裏

フォアボールで出塁した大城を2塁において

 

小島のタイムリーで追加点あげました。6-1

 

 

しかし、金子千尋はどうもピリッとしません。

 

5回表

1死から中島卓也にヒット打たれると、続く代打岡がツーベースで2.3塁から

 

松本に2点タイムリー打たれました。6-3

 

金子千尋は5回を投げて3失点で降板。

 

5点もらいながら、5回でマウンドを降りるピッチャーではないはずです。

 

やはりなかなか調子が良くないですね。

 

 

6回は大山が登板し、3人で抑えました。

 

7回は近藤が登板し、1人ランナーを出しましたが、無失点に抑えました。

 

8回は黒木が登板し、3人で抑えました。

 

9回は平野佳寿が登板し、3人で抑えてオリックス勝利です。

 

 

前半戦最後のカードを3タテすることができました。

 

しかし、西武もロッテに3タテしたため、ゲーム差は6のままです。

 

しっかり喰らい付いていって、最後には逆転しますよ。

 

 

今日は何はともあれ、大谷翔平に黒星をつけることができてよかった。

 

平日なのに、33000人を超えるファンの方がいましたからね。

 

伊藤光のヒーローインタビューもよかったですね。

 

本当にもっと出番を与えてほしいですね。

 

 

さあ、これで前半戦は終了です。

 

後半戦の前に

 

まずはオールスター楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

 

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。