〇〇年ぶりの西武Dでの3タテ


22年ぶりです。

 

西武に3タテやりました。

 

先制されたけど、勝てる気がしてました。マレーロ大活躍でしたね。

 

ディクソンに勝ちもついてよかった。

 

これで一気にゲーム差も縮まっておもしろくなりました。

スポンサーリンク

オリックス6-3西武

 

先発ピッチャーはディクソンとウルフです。

 

ローテーションをずらした影響か、ディクソンは初回からつかまります。

 

1回裏

先頭の秋山にいきなりフォアボールを与えると、牽制で刺しましたが、続く源田にもフォアボール。

 

さらに、浅村のサードゴロを小谷野がエラーで1死1.2塁から

 

中村剛也にタイムリー打たれました。0-1

 

さらに、続く栗山にもタイムリーツーベース打たれました。0-2

 

栗山はこれがプロ通算300二塁打です。

 

 

いきなり2点先制されましたが、すぐに反撃の狼煙をあげます。

 

2回表

この回先頭のロメロがバックスクリーンへホームラン!!1-2

 

ロメロがホームラン打つと何か起きるんですよね。

 

 

4回表

この回先頭のT-岡田がフォアボールで出塁すると、続く中島がヒットでつないで無死1.2塁から

 

マレーロのタイムリーで同点に追いつきました。2-2

 

マレーロは今日が誕生日です。

 

しかし、後続のチャンスを活かせず。また、相手に流れを与えてしまいます。

 

4回裏

1死から栗山、メヒアに連続ヒット打たれ、その後2死1.2塁から

 

炭谷に勝ち越しのタイムリー打たれました。2-3

 

 

しかし、1つのエラーが再び流れを引き寄せます。

 

5回表

この回先頭の小島のサードゴロを中村剛也がエラー。

 

駿太が送って、その後2死2塁から

 

ロメロが同点のタイムリーヒット。3-3

 

さらに、T-岡田がヒットでつなぎ、続く中島がフォアボールでつないで2死満塁から

 

マレーロが勝ち越しの2点タイムリーヒット!5-3

 

今日誕生日のマレーロ、大活躍です。

 

 

ディクソンはなぜか5回で降板しました。何かあったのでしょうか。

 

6回は金田が登板。

無死1.3塁のピンチを迎えますが、無失点に抑えました。

 

7回は近藤がしっかり抑えると、1.2戦目は取れなかったダメ押し点をとります。

 

8回表

この回先頭の大城がツーベースで出塁すると、若月が送って1死3塁から

 

小島のタイムリーでダメ押ししました。6-3

 

 

8回は黒木が抑え、9回は平野佳寿が4球で抑えてオリックス勝利です。

 

3タテできたのは本当に大きいです。

 

一気にゲーム差が縮まってきましたね。

 

西武ドームで3タテは22年ぶりです。

 

ということは、優勝した1995年以来ですね。

 

この勢いで早くAクラス上がりましょう。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。