椋木蓮 脇腹痛めてブルペン中断


オリックスのドラフト1位ルーキー椋木蓮がブルペンでのピッチング練習中に、脇腹を痛めて中断しました。

 

トレーナーと一緒に脇腹を抑えながら、降板して行きました。

 

20日に実践デビューを控えていた椋木ですが、無念のリタイアとなってしまいました。

スポンサーリンク

 

脇腹はバッターがよく痛めるイメージですが、ピッチャーも無いことは無いんですよね。

 

だいたい全治1ヶ月未満で戻ってこれるとは思うのですが、このタイミングだとオープン戦の途中になんとか!というところでしょうか。

 

今年のルーキーはかなり良さそうで、野口や福永、渡部のアピールが続いているので、焦りもあったかもしれませんね。

 

とにかく開幕までには間に合わせてほしい。

 

早く、実践でどんなピッチングをするか見てみたいですからね。

 

とにかく、今日は怪我をしたばっかりなので、怪我の程度が気になりますけれど、軽症を祈ります。

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「椋木蓮 脇腹痛めてブルペン中断」への1件のフィードバック

  1. 軽傷なら今のうちにってやつか!?
    ま、怪我しないのが一番なんだけども…

    それにしても…ドラ1位だから期待するわけでして…うむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。