8/27 吉田正尚2打席連発 ディクソン10勝目ならず


ルーキー吉田正尚が2打席連発と大量リードしていましたが、これが今年の弱さなのか、年にあまりない大逆転負けで、ディクソンの10勝目が幻と消えてしまいました。

オリックス6-7楽天

先発ピッチャーはディクソンと則本昂大

先制したのはオリックス、1回表。2死から吉田正尚がライトスタンドへホームラン。1-0

さらに、4回表。先頭の西野が振り逃げで出塁すると、続く吉田正尚がライトスタンドへ2打席連発の2ランホームラン。3-0

2本目は打った瞬間でした。本当に並のルーキーではないですね。

しかし、4回裏。アマダーにホームラン打たれ、1点返されます。3-1

直前にゲッツーで打ち取ったあとだったから、もったいなかった。

しかし、5回表。1死から若月がショート茂木のエラーで出塁すると、2死3塁から、糸井のタイムリーで追加点。4-1

さらにさらに、6回表。吉田正尚ヒット、T-岡田のファーストゴロを銀次ごエラーで無死1.2塁から、中島が2点タイムリーツーベースヒット。6-1

今日はこれで勝ったと思いましたよ。いや、勝たなくてはいけないです。

振り逃げやエラーを確実にものにして点にしていたのにね。

しかし、直後の6回裏、ディクソンが突然崩れます。先頭の銀次にホームラン打たれます。6-2

さらに、今江、アバター連打などで2死2.3塁から、藤田にタイムリー。6-3

さらに、2死1.3塁から、嶋にもタイムリー打たれ、ここでディクソンはノックアウト。6-4

しかし、後続は海田が打ち取り、かろうじて、10勝目の権利はもってマウンドをおります。

しかし、8回裏でした。先頭のアマダーに今日2本目となるホームランでついに1点差。6-5

さらに、代わった松葉から、続くペゲーロもホームランでついに同点。6-6

さらに、藤田ツーベース、嶋バント、松井稼頭央フォアボールで1死1.3塁から、茂木の打席で痛恨のワイルドピッチ。6-7

結局、これが決勝点でした。ホームラン4発にワイルドピッチと防げた失点はいっぱいありそうですよね。

中継ぎがなかなか固まらないですね。抑えの平野佳寿以外は不安ばっかりですよ。

吉田正尚の2本のホームランもあり、効果的に追加点も取ったけど、ピッチャーが踏ん張れませんでしたね。

なんとか来年につながるような試合を見せて欲しいと思います。

楽天に3タテはできないですからね。明日は何が何でも勝って欲しいと思います。

あと、糸井の盗塁王もだいぶ固くなってきました。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。