西勇輝 足を痛め途中降板

IMG_1108

5月24日 東京ドーム

楽天ーオリックス 12回戦

 

同一カード3連勝、5割復帰とはなりませんでした。

 

西勇輝が足を痛め途中降板しましたが、それよりも引っ張りすぎです。

スポンサーリンク

オリックス1-4楽天

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 宮崎祐樹

2.サード 西野真弘

3.ライト 吉田正尚

4.指名打者 ロメロ

5.ファースト 小谷野栄一

6.レフト T-岡田

7.セカンド 大城滉二

8.ショート 安達了一

9.キャッチャー 若月健矢

ピッチャー 西勇輝

 

最近スタメンも固定されてきましたね。

 

 

序盤は西勇輝と岸孝之の投手戦でした。

 

 

しかし

〈5回裏〉

1死から内田にフォアボールを与え、1死1塁から

岡島に先制のタイムリーツーベース打たれました。0-1

 

さらに嶋は三振で2死2塁から

田中にタイムリー打たれました。0-2

 

内田のフォアボールももったいなかったし、田中のタイムリーももったいなかった。

 

 

ようやくオリックスも反撃します。

〈7回表〉

1死からロメロがフェンス直撃のツーベースで出塁すると

 

小谷野は倒れて、2死2塁から

T-岡田のタイムリーで1点返しました。1-2

 

いい形で追い上げたんですけどね。

 

 

この回がターニングポイントでしたね。

〈8回裏〉

1死から今江にフォアボール与えると、続くペゲーロにはヒット。

 

この投球で西勇輝は足を痛め降板。

 

代わった澤田はディクソンを三振で2死1.2塁から

渡辺直人に右中間に2点タイムリースリーベース打たれました。1-4

 

西勇輝は負傷降板という形になりましたが、8回頭から代えとかないといけないですよ。

 

前の京セラドームの楽天戦も西を引っ張りすぎて負けましたよね。

 

普通なら交代です。

おそらく西勇輝が続投を志願したのではないかと予想してます。

 

 

試合は結局、岸孝之に完投され負けました。

 

1点差で9回表を迎えていたらどうだったんだろうと考えてしまいますよね。

 

 

せっかく昨日、金子千尋が勝って、5割に王手でいい感じでしたが、残念でした。

 

明日からは交流戦前の最後のカードです。

 

明日は松葉貴大が今シーズン初先発します。

 

相手は涌井ですが、松葉のピッチングに期待しましょう。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。