球辞苑「牽制」


NHKBS放送の球辞苑、今回のテーマは「牽制」です。

 

ネタバレ注意です!

ビデオ録っていてまだ見ていない人は、ここから先は見ない方がいいです。

 

 

今回のゲストは元巨人の鈴木尚広です。てっきり、牽制のうまいピッチャーがゲストで来るかと思いましたが、まさかの野手でした。

 

 

まず、今年の牽制数の集計がありました。

投球数が257117球に対し、牽制数は7103回!約30球に1回牽制が来るペースです。

 

そのうち牽制死は62回だそうです。7103回の牽制に62回の牽制死ということで、牽制死率は0.87%となっています。

 

 

最初のテーマは一塁への牽制のスピードを表すというもの。

 

【2017年一塁牽制スピードランキング】

1.西勇輝 0.96秒

2.涌井秀章 0.98秒

3.関谷亮太 1.02秒

4.石田健太 1.06秒

5.美馬学 1.07秒

 

やはり1位は西勇輝でした。見る機会が多いので、本当に牽制は速いなと思いますね。

 

また、西勇輝はピッチャープレートの1番一塁側に立つので、牽制のスピードが速いから、刺すことも多いです。

その集計がこちら。

 

【2008年から2017年の投手牽制刺数ランキング】

1.西勇輝 20回

2.前田健太 16回

3.涌井秀章 11回

3.ディクソン 11回

5.牧田和久 9回

5.グライシンガー 9回

 

やはり1位ですね。

ディクソンが3位に入っていたのは意外でした。笑

 

 

また、逆に牽制をしないピッチャーもいます。

 

【2008年から2017年の投手牽制頻度ランキング(少ない順)】

数字はホームに何球投げる度に1回牽制するかを表します。

1.山崎康晃 なし

2.マシソン 50.0

3.ファルケンボーグ 38.1

4.ソーサ 34.1

5.三上朋也 27.7

山崎康晃はプロに入ってから一度も牽制を投げていません!

 

昔、クルーンもそうだったみたいですが、抑えのピッチャーはあまり牽制はしないんですね。

スポンサーリンク

 

また、牽制をもらった回数というのもありました。

【2017年被牽制ランキング】

1.田中広輔 205回

2.西川遥輝 201回

3.源田壮亮 188回

4.秋山翔吾 171回

5.京田陽太 166回

 

1番2番バッターが多いですね。

今年に関してはオリックスは縁がなさそうです。笑

 

 

番組では、元広島カープの横山竜士もVTRに登場し、牽制の極意を話していました。

 

ランナーを刺すためにいろんな工夫をしているんだなと思いました。

 

 

牽制はお客さんから見たら「早く投げろよ!」と思うこともあるかと思いますが、これを見ると、また違った見方もできるかもしれませんね。

 

また、シーズンが始まったら牽制にも注目すると面白そうです。

 

 

次回は12月2日土曜日、テーマは「敬遠」です。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。