稲富宏樹 三田松聖高→オリックス(育成)

IMG_1108

稲富 宏樹(いなとみ ひろき)

1999年4月27日生まれの高卒ルーキーです。大阪府藤井寺市出身。

 

2塁送球1.9秒を計測する強肩のキャッチャー。右投げ左打ち。

高校ではキャプテンを務め、打線の軸としても活躍しました。

 

最後の夏の兵庫県大会では5回戦で報徳学園に負け、甲子園出場は3年間でありませんでした。

 

 

強肩強打のキャッチャーです。

オリックスは昨年、同じく育成枠で中道勝士を獲得しましたが、直後に潰瘍性大腸炎にかかり、1年で戦力外通告となっています。

 

若いキャッチャーも必要なので、育成ながら高卒ルーキーの稲富宏樹を育成ドラフト1位で獲得しました。

 

 

プレーそのものも楽しみなんですが、この選手は高校時代に病気で悩まされた選手でした。

 

 

1年生の夏前に紫外線アレルギーを発症。

紫外線アレルギーとは紫外線を浴びると、じんましん、湿疹、頭痛、発熱などの症状が起こる病気で、高校球児には致命的な病気です。

 

 

試合中に症状が起こって負けたことから、一度野球を辞める決意もしますが、母の説得により野球を続けてここまでに至りました。

 

 

紫外線アレルギーもセンソリセラピーという心理療法によって改善。

 

ドラフトの日の特番「ドラフト緊急生特番2017!お母さんありがとう夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント」でも放送されました。

スポンサーリンク

 

育成ながらも一気に名前を広めました。

まずは早く、支配下登録を勝ち取ってもらいましょう。

 

 

11月20日に仮契約を終えました。

稲富のコメントです。

「はんこを押してプロ野球選手よ実感が湧きました。肩とスローイングに自信があります。

ピッチャーが気持ちよく投げられるよう、引っ張っていけるようなキャッチャーになりたいですね。

支配下登録を目指し、ステップアップしていきたいです。」

と、コメントしています。

 

背番号は123番に決まりました。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“稲富宏樹 三田松聖高→オリックス(育成)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。