9/29 小松聖 引退試合


オリックスー楽天 24回戦 大阪ドーム

 

今日は本拠地最終戦、また小松聖の引退試合でもあります。勝って花道を飾りたかったですが、大敗で今シーズンの最下位も確定しました。

 

オリックス2-10楽天

先発ピッチャーは小松と塩見

 

1回表、小松が4年振りの先発マウンドへ。現役最後の登板です。

打者1人だけの限定登板。ベンチ内からはリリーフ投手も全員見守る中、最後の登板を終えました。

 

結果は島内にヒット打たれましたが、まだまだいいボールを投げていました。

 

相手の楽天 梨田監督は小松が15勝した時の日本ハムの監督でした。小松のいい時を見てたので、いろんな思いもあったと思います。

 

マウンドを降りる時は盛大な拍手とナインとの熱い抱擁。感動でした。

 

 

試合は2人目の打者から金子千尋が登板。

藤田送りバント、銀次フォアボールで1死1.2塁から、ウィーラーのタイムリーで先制。0-1

小松に自責点がついてしまいました。

 

しかし、4回裏。2死から伊藤光が小松の負けを消すレフトスタンドへ同点ホームラン!!1-1

今日は金子千尋が投げてるのに、キャッチャーは伊藤ではありません。伊藤のいろんな思いがこもったホームランだと思います。

 

しかし、6回表。1死から、藤田ヒット、銀次ヒットとワイルドピッチで1死2.3塁から、ウィーラーのタイムリーで勝ち越し。1-3

さらに、茂木、ペゲーロ連続フォアボールで1死満塁から、聖澤に2点タイムリー打たれ、金子千尋はノックアウト。1-5

 

代わった海田も流れを止められません。岡島にヒット打たれ、1死満塁から、嶋基宏にタイムリー。1-6

さらに、島内にもタイムリー打たれ、1死も取れずに降板。1-7

 

さらに、1死満塁から、代わった高木伴が1球目投げる時につまづいてボーク。1-8

さらに、藤田に犠牲フライ打たれ、この回一挙に8失点。1-9

ゲームが決まってしまいましたね。

 

 

しかし、その裏、この選手の一発が待っていました。

吉田正尚 第10号ホームラン!!

ついに出ました第10号。8/18にプロ初ホームランを打ってから、1ヶ月ちょっとで10本目。これは来年が楽しみですね。2-9

 

しかし、反撃はここまでで試合終了。本拠地最終戦は大敗という形で終わってしまいました。

 

 

さて、試合後は今シーズン限りで引退する小松の引退セレモニー。

2008年の時の登場曲が流れた時はさすがにうるっとしました。

image

 

やっぱり2008年の活躍が忘れられないですね。

是非、今後も何らかの形でオリックスに残ってほしいと思います。

 

小松投手 10年間 本当にお疲れ様でした!

 

最後にみんなで叫べてよかったです。この言葉!

 

キターーーー!!!

 

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「9/29 小松聖 引退試合」への2件のフィードバック

  1. 吉田君にはキュンキュンするけども
    小松投手にもキュンキュンしておりますた…
    バージョン今とは違いますがプロスピで無双させていたのは
    良い思いで…

    スコアラーから見るとちょっと変化球多彩すぎたから
    肘とか肩の痛めが早かったかなぁーっと思うと残念

    1. オタクジラさん

      小松は変化球ピッチャーですからね。しょうがないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。