松葉貴大11敗目 4者連続代打実らず


9月10日 Koboパーク宮城

楽天ーオリックス 22回戦

 

楽天相手に3タテかけたこの一戦。大学時代から投げ合ったライバル同士の対戦でしたが、則本に軍配。

 

松葉も良かったのですが、打線が打てませんでした。

スポンサーリンク

オリックス1-2楽天

 

先発ピッチャーは松葉と則本です。

 

試合は投手戦となりました。

 

2回裏

この回先頭のペゲーロにホームラン打たれました。0-1

 

 

しかし、4回表

1死からマレーロがフォアボールで出塁すると、T-岡田は倒れますが

 

中島もフォアボールでつなぎ、2死1.2塁から

駿太のタイムリーツーベースで同点な追いつきました。1-1

 

次が山崎勝己だったので、あの当たりで1塁ランナーも帰ってきてほしかったですがね。

 

 

5回表も2つのフォアボールでもらったチャンスでしたが活かせず。

 

すると、その直後でした。

 

 

5回裏

1死からウィーラーにツーベース打たれると

 

茂木のセカンドゴロ進塁打で2死3塁から

嶋基宏に勝ち越しのタイムリー打たれました。1-2

 

ここで踏ん張るか踏ん張れないかで明暗別れました。

 

 

松葉は6回まで投げて2失点というナイスピッチング。この内容だと文句は言えません。

 

7回は比嘉が今シーズン2度目の登板。三者凡退に抑えました。

 

8回は金田が、こちらも三者凡退で抑えて最後の攻撃へ。

 

 

9回表

抑えの松井裕樹が登板。

この回先頭は駿太の代打宮崎。セカンドへの内野安打で出塁しました。

 

続く山崎勝己の打席で鈴木がピンチバンターとして登場。

相手もバント警戒の中、しっかり決めました。

 

 

宮崎、鈴木で作った1死2塁のチャンスに、西野の代打伊藤光!

 

しかし、粘りましたが空振り三振でした。

 

そして2死2塁となり、大城の代打で杉本が登場。

 

1番楽しみな対戦となりましたが、残念ながら3球三振で試合終了です。

最後は一軍での経験の差が出ましたね。

 

 

クライマックスシリーズのためにも楽天に3タテが絶対でしたが残念でした。

 

松葉は良かったし、則本が本調子じゃなかっただけに勝ちたかったです。

 

 

松葉は援護なく11敗目。

二軍から復帰登板でしたが、しっかり調整していました。

 

ただ、7月1日から勝ち星がありません。

今年はエラーが絡んだり、打線の援護がなかったりとかわいそうですね。

 

3勝11敗の成績を残すようなピッチャーではないので、今後巻き返してほしいと思います。

 

 

また、杉本は相手が右投手でもスタメンで見たかったですね。

 

打席数重ねて慣れさせれば、絶対成績残すと思うので。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。