山岡泰輔7勝目 逆転新人王へ


9月2日 京セラドーム大阪

オリックスー西武 22回戦

 

前回、140球完封した山岡がまたも好投。

 

複数名の1.2軍の入れ替えがありましたが、復帰即スタメンの安達がヒット打つなど、つながりました。

スポンサーリンク

オリックス4-2西武

 

先発ピッチャーは山岡と多和田です。

 

1回裏

1死から大城が源田のエラーで出塁すると、2死後

 

ロメロのタイムリーで先制しました。1-0

大城よく走りました。一気に1塁から帰ってきましたね。

 

 

しかし2回表、前回完封した山岡ですが。

 

2回表

1死から山川にフォアボール与えると、続くメヒアにヒットで繋がれ1死1.3塁から

 

栗山に同点タイムリー打たれました。1-1

 

 

それでも後続のピンチを抑えたことが、直後の勝ち越しにつながりました。

 

2回裏

2死ランナーなしから、今日一軍に復帰した安達がヒットを放つと

 

続く伊藤光もヒットでつなぎ、2死1.2塁から

 

今日1番スタメンの西野が勝ち越しのタイムリーヒット。2-1

 

さらに2死1.2塁から

大城にもタイムリーが出ました。3-1

 

1.2番がいい感じですね。

 

 

山岡はピンチの連続ではありましたが、中盤はいいピッチングを見せてくれました。

 

そんな山岡の好投に女房役が応えます。

 

6回裏

伊藤光がレフトスタンドへホームラン!!4-1

 

貴重な貴重な追加点です。本当にいいところで出ました。

 

 

山岡は6回までで降板。前回が140球投げてますからね。今日もナイスピッチングでした。

 

7回は黒木が登板。

 

7回表

1死から外崎にツーベース打たれると、続く代打森友哉の内野安打で1死1.3塁から

 

呉に犠牲フライ打たれました。4-2

 

ここのところ苦しいピッチングの黒木、なんとか1点で止めました。

 

 

8回は近藤が抑えて、9回はもちろん平野佳寿。

 

しっかり3人で抑えてオリックス勝利です。

 

 

山岡はこれで7勝目。5月末に初勝利あげてから、順調に勝ち星を重ねていますね。

 

今日で防御率がまた良くなったので、新人王あるかもしれませんね。

 

 

打線の方は安達が復帰後すぐにヒットが出ました。

不調だったロメロも当たってきました。

 

ただ、今度は逆に吉田正尚が心配です。らしくないバッテイングが続いています。

 

怪我や体調不良の影響があるかもしれませんね。

 

腰の再発だけは気をつけてもらいたいです。

 

 

さあ、明日は久しぶりに山崎福也ですね。

 

先週、松葉が不調だったために、巡ってきた先発のチャンス。

 

右の長距離打者が多い西武打線を抑えられるか不安ですが、頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。