フレッシュオールスター 2017 結果


本日はフレッシュオールスターが行われました。

 

若手の登竜門と言われている、毎年1試合だけ行われているこの試合。

 

今年はなんと、史上初のスコアレスドローとなりました。

スポンサーリンク

イースタン0-0ウエスタン

 

オリックスの選手の成績を中心にお届けします。

 

スタメンでは、宗佑磨が3番サードで、杉本裕太郎が6番ライトで出場しました。

 

 

1回表

宗佑磨の第1打席は西武の今井から、フルカウントからのフォアボール。

 

2回表

杉本裕太郎の第1打席は、楽天の藤平から空振り三振。

 

3回表

宗佑磨の第2打席は、ヤクルトの梅野から、2死1.3塁のチャンスでまわってきましたが、ショートライナーでした。

 

4回表

杉本裕太郎の第2打席は中日の京山から、ショートゴロです。

 

6回表

宗佑磨の第3打席はヤクルトの高橋から、セカンドゴロです。

 

6回裏の守備から吉田雄人がレフトの守備につきました。

 

7回表

杉本裕太郎の第3打席は日本ハムの吉田から空振り三振です。

 

吉田雄人の第1打席はサードゴロです。

 

7回裏

この回から吉田凌がマウンドに上がりました。

 

先頭の日本ハム森山をサードフライ。

 

続く、中日の佐野をファーストゴロ。

 

続く、西武の山田にはヒット打たれますが

 

最後はヤクルトの奥村を空振り三振に仕留め、無失点でした!

 

9回表

宗佑磨の第4打席は無死2塁のチャンスでまわってきましたが、巨人の畠からレフトライナーでした。

 

 

残念ながらオリックスの選手のヒットはありませんでしたが、宗が1つフォアボールを選んだのと

 

吉田凌が1イニングを無失点に抑え、吉田雄人はレフトの守備で好捕がありました。

 

 

残念ながら、最優秀選手や優秀選手に縁はなかったですが、2軍とはいえ、このオールスターの舞台は自信になったことでしょう。

 

 

でも、彼らが輝く場所はこのフレッシュオールスターではなく、やっぱり一軍のグラウンドです。

 

 

武田が一軍に定着したみたいに、4人とも早く、一軍で活躍してほしいと思います。

 

 

本日のフレッシュオールスター、どんな人が選ばれていたのか知りたい方はこちら

フレッシュオールスター 2017 出場選手

 

さあ、14、15日は一軍のオールスターです。

 

こちらも楽しみにしたいと思います。

 

一軍のオールスターの出場選手、ホームランダービー出場選手はこちら

オールスター出場選手 ホームランダービー出場者 2017

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

 

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

 

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。