心臓ドキドキの9回裏


敵地でソフトバンクに連勝しました。

 

昨日の金子千尋の完封の流れそのままに勝ちたかったですが、コークが不安定だったのと、最終回は平野佳寿が本当にドッキドキでした。

スポンサーリンク

オリックス7-6ソフトバンク

 

先発ピッチャーはコークと攝津正です。

 

攝津正は今シーズン初登板。その立ち上がりをいきなり捉えました。

 

1回表

先頭の宮崎がツーベースで出塁すると、西野が送って2死3塁から

 

小谷野のタイムリーで先制。1-0

 

小谷野は本当にチャンスで打ってくれますね。

 

さらに、T-岡田がフォアボールで繋ぎ、2死1.2塁から

 

中島にもタイムリーが飛び出しました。2-0

 

昨日と同じような形で先制しました。

 

 

しかし、今日は先発のコークがピリッとしませんでした。

 

1.2回はなんとか抑えましたが、3回裏

ヒットで出た川島を2塁において、内川にタイムリー打たれました。2-1

 

さらに、デスパイネに移籍第1号となる逆転2ランホームラン打たれました。2-3

 

コークはすぐ捕まりそうな感じはありましたよ。

 

しかし、打線がすぐに追いつき追い越します。

 

4回表

この回先頭の中島がライトスタンドへ同点ホームラン!!3-3

 

さらに5回表

この回先頭の宮崎がヒットで出塁すると、その後2死2塁から

 

小谷野が勝ち越しのタイムリー。4-3

 

さらにさらに6回表

この回先頭のT-岡田がツーベースで出塁すると、続く中島もヒットで繋ぎ、無死1.3塁から

 

大城の内野ゴロの間に追加点。5-3

 

さらに、駿太の犠牲フライでもう1点追加しました。6-3

 

 

コークが崩れた後は、山崎福也がゲームを立て直してくれました。

 

6回に1点を失い、吉田一将にリリーフを仰ぎますが、ナイスピッチングでしたね。

 

 

打線は7回に1点追加しました。

しかし、なお続く1死満塁のチャンスで駄目押し点取れなかったのが、後にもつれる原因となりましたね。

 

 

投手継投は7回は吉田一将が続投し、無失点に抑えると、8回は黒木が登板。

 

その黒木は1死満塁のピンチを迎えますが、今宮を初球併殺打に打ち取り、今日は勝ったかと思いましたよ。

 

 

しかし、9回裏はドキドキでしたね。

 

この回からは当然、平野佳寿が登板。

 

先頭の川島は打ち取りますが、柳田、内川に連続ヒット打たれ、1死1.3塁から

 

デスパイネにタイムリー打たれ2点差。7-5

 

中村晃は打ち取りますが、続く松田にタイムリー内野安打打たれ、ついに1点差。7-6

 

さらに1.2塁のピンチだったのですが、本多の打席で若月がパスボール。

 

去年、パスボール0だったのですが、記録途絶えました。

 

それどころか、一打同点のピンチから、2.3塁になったため、一打サヨナラのピンチに。

 

本多はファールで粘るし、本当にドキドキでしたけど、最後はなんとかサードゴロに打ち取って逃げ切りました。

 

 

落ち着かない試合でしたけど、先発が早々と降板した試合で、よく勝ち切りましたよ。

 

ソフトバンクに2連勝できたのは大きいです。

 

西武が負けたため、2位に浮上しました。

 

貯金も3に戻しましたので、次は今季最多の貯金4といきましょう。

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。