日本球界初のファンサービス


オリックスは今年から日本球界初のファンサービスを行うことになりました。

 

それは、神戸から3月に移動する二軍の新本拠地・舞洲サブ球場で、ファンサービスに特化した専用ゾーンが新設されることになりました。

 

一塁ベンチとブルペンの間に、縦約5メートル、横20メートルの「ファンサービスゾーン」で毎試合イベントを行う予定です。

スポンサーリンク

具体的に言いますと

二軍の試合前にファンを、そのファンサービス専用ゾーンに招き入れ、選手のトークショー、サイン会、撮影会などを行います。

 

ただし

このファンサービス専用ゾーンは試合前限定です。試合中は客席としては解放しない予定です。

 

さらに、このゾーンですが、フェンスの最下部がめくりあげれるような構造になっていて、ファンの方が選手に色紙などを渡しやすくしています。

 

 

オリックスは毎年、ファン獲得のために、本当にいろんなイベントや試みをやっていますが、今回のも本当に素晴らしいと思いますね。

 

まず、グラウンドレベルに降りられるというのもいいですし、そこで間近に選手達と触れ合えるのは素晴らしいです。

 

しかし

僕を含めたオリ達は残念です。このファンサービスゾーンに行けるのはオリ姫だけとなっています。

 

仕方ないですが、女性ファン多い方が選手はやる気がするでしょうし、頑張ってほしいと思います。笑

 

ただ、くれぐれも選手はそれに甘えず一軍上がってほしいですけどね。笑

 

 

また、今回の試みはメジャーの球場のいいところを取り入れているようで、メジャーにも似たような、ファンが選手と触れ合えるスペースがあるみたいですね。

 

ちなみに、今、ほとんどの球場で増えてきたフィールドシートなんですが、これも1番最初に取り入れたのはオリックスなんですよね。

 

確か2003年か2004年だったと思います。

日本で初めてのボールパークとしてグリーンスタジアム神戸に新設されました。

 

印象に残ってるのは、当時オリックスにいた山崎武司が試合前のノック前に、フィールドシートのお客さんとキャッチボールしていました。

 

そう考えると、オリックスは常に時代の先を行って、ファンサービスのために行動しているように思います。

 

今回、新たな試みで新設されるファンサービス専用ゾーンですが、いずれ一軍の球場でもできるようになるとおもしろいですね。

 

今年は舞洲に移転したことによって、アクセスは便利になりました。一軍の球場も近いので、二軍の試合に足を運ぶことが多くなりそうです。

 

舞洲のオリックス2軍施設

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「日本球界初のファンサービス」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。