宮城大弥 奥川よりも佐々木よりも先にプロ初勝利


11月6日 京セラドーム大阪

オリックスー日本ハム 最終戦

 

宮城大弥プロ初勝利やりました!

 

初回はどうなるかと思いましたし、5回で100球超える球数でしたけど、3失点に抑えました。

 

そして5回裏に1点勝ち越し。そのリードを守り切って見事プロ初勝利挙げました。

スポンサーリンク

 

オリックス4-3日本ハム

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 佐野皓大

2.セカンド 福田周平

3.ショート 紅林弘太郎

4.指名打者 モヤ

5.レフト 中川圭太

6.ファースト T-岡田

7.サード 大下誠一郎

8.キャッチャー 頓宮裕真

9.ライト 西村凌

ピッチャー 宮城大弥

 

 

初回が1番大変でした。

 

〈1回表〉

先頭の樋口にフォアボール与えて、無死1塁から

杉谷にタイムリーツーベース打たれました。0-1

 

さらに大田は三振にとりますが、中田にフォアボールで、1死1.2塁から

野村にタイムリー打たれました。0-2

 

初回だけで30球以上投げましたね。

 

 

しかし、一気に逆転しました。

 

〈2回裏〉

1死からT-岡田がヒットで出塁し、1死1塁から

大下のタイムリーツーベースで1点返しました。1-2

 

さらに1死2塁から

頓宮がレフトスタンドへ逆転2ランホームラン!3-2

 

頓宮のバッティングは本当に魅力です。

 

 

宮城は5回にまた捕まります。

 

〈5回表〉

1死から大田に内野安打打たれると、続く中田にヒット打たれて、1死1.3塁から

野村に同点のタイムリー打たれました。3-3

 

しかし、なんとか同点で止めました。

 

すると、宮城に勝ち投手の権利が!

 

〈5回裏〉

1死から佐野のサードゴロを野村がエラーで2塁へ。

 

福田は倒れて、2死2塁から

紅林のタイムリーで勝ち越しました。4-3

 

紅林よく打ちました。カーブを溜めてうまく打ちました。

 

俊足佐野が一気に生還。

 

宮城の後は、斎藤綱記、吉田凌、比嘉、漆原、鈴木優とつないでオリックス勝利。

 

鈴木優は危なかった。

大田も中田も完全に行ったと思いましたよ。

スポンサーリンク

 

宮城はプロ初勝利。

2001年世代は奥川や佐々木がいるのですが、彼らがまだ一軍に出てくる前に先にプロ初勝利挙げました。

 

宮城や前には世代を代表するピッチャーになってほしいですね。

 

そして、山崎勝己の引退試合。

 

代打で登場し、9回の守備にもつきました。

 

引退セレモニーでは山崎勝己だけでなく、松井佑介、小島も。

 

3人ともお疲れ様でした。

 

中嶋オリックス 29勝34敗3分け

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Innovation

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。