球辞苑「マウンド」

IMG_1108

球辞苑、今回のテーマは「マウンド」です。

 

ピッチャーのこだわりや、ピンチの時に集まるなど、いろんな話題がありました。

スポンサーリンク

 

元オリックスの佐藤義則が出演していて、面白い話もしてくれました。

 

楽天のピッチングコーチの時、西武の菊池雄星が苦手で、菊池雄星の苦手な固めのマウンドにしたら、味方ピッチャーも投げづらくなって、余計打たれたそうです。

 

 

また、千賀滉大がVTRに登場し、西武ドームの傾斜が緩く、フォークを投げるピッチャーにとっては鬼門だと。

 

そういえばと思い出したのが、オリックスの増井です。

 

西武ドームではフォークが落ちずによくやられていたなと。

 

そんななか、同じくフォークを投げる山本由伸が、西武ドームで完封したので、やっぱりすごいピッチャーなんだと思いました。

 

 

そして、球辞苑おなじみのデータランキング。

 

ピンチになったらコーチがマウンドに行きますよね。

 

コーチがマウンドに行った直後に出塁を許したランキングがありました。

 

こちらです。

 

【2019年、コーチがマウンドへ行った直後の被出塁率ランキング】

1位 巨人.333

2位 楽天.350

3位 ソフトバンク.363

4位 広島.371

5位 阪神.377

6.ヤクルト .380

7.西武 .387

7.横浜.387

9.日本ハム.392

10.ロッテ.398

11.オリックス.419

12.中日.426

 

と、なっています。

 

オリックスよくやられてますね。

 

コーチが行くよりも、内野手がもっと声かけたらいいのにと何回も思ってました。

 

特にショート大城、セカンド福田の時は本当に少なかったと思います。

 

ショート安達になってからは、安達はよく声かけてますよね。

さすがです。

 

 

また、コーチがマウンドに行った回数というのもありました。

 

【コーチがマウンドへ行った回数】

1.中日 201回

2.横浜 197回

3.ソフトバンク 196回

4.広島 175回

5.西武 157回

6.阪神 144回

7.ヤクルト 142回

8.オリックス 127回

9.楽天 125回

10.日本ハム 121回

11.ロッテ 120回

12巨人 89回

 

意外と少ないんだなというのが印象です。

 

プロ野球は143試合です。

1試合に1回も行かない試合も多いんだというのがよくわかります。

 

行く時は1試合で何回も行きますもんね。

 

 

この2つのデータを見てわかるのは、中日が1番マウンドに行っていて、1番その後に打たれているということになりますね。

 

なかなか面白い結果でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“球辞苑「マウンド」” への 1 件のフィードバック

  1. こういう数字データすこすこ
    来年はそう言っても減ると信じてる
    投手コーチが多分、アレなんでウチは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。