球辞苑「審判」

IMG_1108

球辞苑、今回のテーマは「審判」です。

 

野球の試合には欠かせない存在ですが、なかなかじっくり取り上げられることはありませんが、見てみると、なかなか面白かったです。

スポンサーリンク

 

まずは試合がある時の審判の1日です。

 

試合開始の4時間ほど前には球場入りし、ユニフォームに着替えて、その日試合で使う新品のボールの光沢を落とす作業をするそうです。

 

用意するボールは120球とのこと!それでも足りなくなることもあるそうです。

 

また試合中は5回裏終了後が唯一のトイレ休憩です。

 

試合が終わったら、毎回ミーティングを行っています。

退場などのトラブルがあれば、報告書を作成するようです。

 

 

その話を聞いて思ったのが

大誤審があったほっともっとフィールド神戸のオリックスーソフトバンク戦の誤審ホームランの試合は、どんな報告書だったのかと思いますね。

 

 

続いては審判の技法

 

見逃し三振の時に独特のジェスチャーをする方がいますけれど、それをするにはお偉いさんの許可が必要だとか。

敷田さんの卍などは独特ですよね。

 

 

また、パ・リーグの関西の審判を務めることが多い白井審判員。

「アーーーーーイ!!!」の声でおなじみですね。

 

注目して欲しいのはストライクコールの時の手です。

「K」の形を手で作っていますが、ファンであるAKBのライブを見に行った時に見て真似たそうです。

 

白井審判員がAKBのファンだというどうでもいい情報です。笑

 

 

また、番組ではマレーロのホームベース踏み忘れの時の審判も取り上げられていました。

 

 

そして、審判の目を欺く詐欺師として達川光男も取り上げられていました。

 

当たってないのにデッドボールに魅せるコツなどを語っていましたよ。

 

見てたかな?杉谷拳士。笑

 

 

最後に審判になるためのスクールみたいなのも紹介されていました。

 

本当に大変そうでした。

 

あれを見たら審判への文句も減るんじゃないかと思います。

 

 

今年はプレーだけでなく、審判にも注目ですね!

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“球辞苑「審判」” への 2 件のフィードバック

  1. アマチュアでやっていたからこそ
    分かるのですよねぇ…

    ま、プレーヤーでも審判も経験していたから
    球場でヤジは一切しない…ま、スコアブックが
    忙しいのもしかりですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。