平野佳寿メジャー入団会見

IMG_1108

平野佳寿がメジャーリーグ、ダイヤモンドバックスの入団会見を行いました。

 

しかし残念ながら、大谷翔平と比べて扱いが小さく、平昌オリンピックもあるためか、全然取り上げてもらえません!

 

なので、少しこのブログで触れたいと思います。

スポンサーリンク

 

まず、「ダイヤモンドバックスの一員になれて光栄です。」と英語で挨拶。

 

そして、自分の事は「YOSHI」と呼んでください!と。

日本では「よし」と呼ばれたことは聞いたことなかったので以外でした。

 

 

そして、背番号66番は自分で選んだとのこと。

日本代表で66番をつけていたこともあり、その時のピッチングを評価されて獲得してもらえたと思うから!と。語ってくれました。

 

その理由は僕らにもわかりますね。侍ジャパンで66番をつけていたから、ダイヤモンドバックスでも66番なのだろうと。

 

でも、侍ジャパンで66番をつけていた理由がわからないですね。笑

1の位が6番なら何でもよかったのでしょうか。

 

 

オリックスで12年所属して、いよいよオリックスバファローズ初のメジャーリーガーとなりました。

 

 

ここに来て平野佳寿の日本での活躍が思い出されます

 

確かプロ初勝利はいきなり完封でしたよね。ロッテ戦だったと思います。

 

その前に開幕カードの最終戦でなぜか打者1人だけ登板していました。

ヒットを打たれ、それだけで降板。

 

当時の監督は中村勝広でしたし、今思えば本当に謎の采配でした。

 

 

そして、印象に残っているのが清原和博の横浜戦での逆転サヨナラ満塁ホームランの試合。

 

その試合、平野佳寿は先発して6失点ながら完投しました。

9回裏に清原の満塁ホームランでサヨナラ勝ちし、平野佳寿に白星が転がりこんでいましたね。

 

ルーキーイヤーの2006年は日本ハムの八木智哉と新人王争いをしましたが、八木に譲りました。

 

 

その後は故障続きでなかなか活躍できませんでしたが、2010年、岡田彰布監督になってから中継ぎとして再起してくれました。

 

そこからは一軍の勝利の方程式に欠かせない存在になり、抑えのエースとして活躍してくれましたね。

 

大事な所で打たれることもありましたけれど、オリックスの抑えは平野佳寿しかいないと思ってます。

 

 

そんな平野佳寿もいよいよメジャーリーガー!

 

オリックスバファローズ代表として、堂々と活躍してほしいと思います。

 

まずは抑えのエースのポジションを勝ち取れるように。

そして、まずはプロ初セーブを期待しています!

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“平野佳寿メジャー入団会見” への 2 件のフィードバック

  1. キヨのそのグランドスラム、唯一
    神戸の行ったやつですよ、えぇー…大洋ファンです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。