杉本裕太郎 イチローとの自主トレ熱望


昨日、日本シリーズ出場チームが決まり、また、今週木曜日にはドラフトが控える中、ちょうど1年前のドラフトで指名されたばかりの、オリックス期待の若手の記事が少し載ってました。

 

それは、杉本裕太郎が今年もイチローとの自主トレを希望しているとの事でした。

 

今年『も』というところに注目です。実は去年はルーキーながら、イチローに、一緒に自主トレしないかと声をかけられていたのです。

 

杉本は「新人の外野手でケガしてないのは自分だけだったから」と謙遜しますが、福良監督曰く、田口、イチロー並の強肩との事なので、イチローが注目していました。

 

 

 

ここで杉本選手がどんな球歴をもつのか調べてみました。

 

杉本裕太郎外野手

 

1991年生まれの25歳です。同世代には菊池雄星、筒香、今宮、堂林などがいます。

 

徳島出身で大学は青山学院大学でした。青山学院大学といえば、吉田正尚ですね。吉田正尚は杉本の2つ下。

つまり、2年間は一緒にプレーしていたのです。

 

当時は3番レフト吉田正尚、4番センター杉本で、アベックアーチも2年間で3度記録したことがあるとの事。

 

4年生の時の最後の大会では、現横浜の今永から2本のホームランを打ちました。

 

プロ注目の外野手でしたが、プロ志望届は出さずにJR西日本に就職しました。

 

社会人で2年間プレーし、吉田正尚と同じタイミングでプロに入団しました。

 

ドラフトの順位は吉田正尚が1位になのに対し、杉本は10位。しかし、いきなり1軍キャンプに抜擢されるなど、期待のルーキーでした。

 

ドラフト10位でルーキーから活躍したといえば、後藤光尊ですね。

後藤もドラフト10位でしたが、1年目から1軍で活躍しました。

 

後藤のような選手になるかなと思いましたが、開幕からは2軍でした。

 

 

しかし、その杉本が1軍デビューしたのは6/14の甲子園での阪神戦です。

 

直前のカードでは横浜に3タテくらい、しかも連続無得点が続いていたなかで、打線にテコ入れとして抜擢されたのが、1番センター杉本でしたね。

 

プロ初打席は空振り三振。2打席目は西勇輝のヒットで2死満塁でまわったきましたが。

 

結果はショートゴロ。3打席目も三振で、その日は3タコ。

 

翌日には一軍登録抹消され、今シーズンの一軍出場はこれだけでした。

 

 

プロ1年目の成績は残念ながら後輩・吉田正尚とは大差がつきましたが、190センチという大柄な長距離砲なので、これからが楽しみです。

 

190超えの大型外野手ということで、イメージが被るのは、ヤクルトにいた宮出隆自ですね。

 

オリックスの外野の主力は左バッターばかりなので、杉本には右のスラッガーとして早くレギュラーとって欲しいと思います。

 

 

イチローとの自主トレも去年、イチローから「来年もまたやろうな」と言ってもらえたみたいなので、今年も実現するでしょうから、来年レギュラー取れるように頑張ってほしいと思います。

 

吉田正尚、T-岡田、杉本のクリーンアップも見てみたいものですね。

 

 

 

《他球団情報》

ソフトバンクの森福がFA行使するみたいですね。年俸1億2000万ですが、補償なしのCランクです。

狙ってみてもおもしろいかもしれません。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。happy good

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「杉本裕太郎 イチローとの自主トレ熱望」への2件のフィードバック

  1. 森福…この値段でCランクかぁ…
    ってボギが買うとかではないけどもw

    1. オタクジラさん

      ソフトバンクは全体的に高いからそうなるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。