吉田正尚 2年連続二桁ホームラン


9月3日 京セラドーム大阪

オリックスー西武 23回戦

 

先発が2回でノックアウトされた試合でしたが、リリーフ陣がゲームを立て直したのと、西武がフォアボールやエラーで自滅してくれたおかげで勝てました。

 

吉田正尚は最近不調でしたが、いいところで打ってくれましたね。

スポンサーリンク

オリックス11-6西武

 

先発ピッチャーは山崎福也とウルフです。

 

久しぶりの先発となった山崎福也ですが

 

1回表

2死ランナーなしから秋山にヒット打たれて、2死1塁から

 

浅村に先制のタイムリーツーベース打たれました。0-1

 

 

しかし、すぐさま逆転します。

 

1回裏

今日1番バッターに入った駿太がスリーベースで出塁し、無死3塁から

 

西野のセカンドゴロを浅村がフィルダースチョイスで同点に追いつきました。1-1

 

さらに続く吉田正尚もヒットでつないで無死1.3塁から

 

ロメロのゲッツーの間に勝ち越し!2-1

 

 

しかし、山崎福也がピリッとしません。

 

2回表

この回先頭のメヒアに同点ホームラン打たれました。2-2

 

さらに、外崎にツーベース打たれると、炭谷がバントで送って1死3塁から

 

源田にタイムリー打たれて逆転です。2-3

 

山崎福也はこの回で降板。2回3失点でノックアウトとなりました。

 

 

3回からは金田が登板。嫌な流れを断ち切ってくれると、直後の3回裏でした。

 

3回裏

この回先頭の若月が呉のエラーで出塁すると、続く駿太は炭谷のエラーで出塁します。

 

続く西野は送りバント失敗で1死1.2塁。嫌な流れになりかけましたが

 

吉田正尚が逆転の3ランホームラン打ってくれました!!5-3

出ましたアメイジング弾。今シーズン10本目。2年連続二桁ホームランです。

 

 

さらに5回裏

この回先頭の若月がフォアボールで出塁すると、続く駿太が送りバント。

 

西野が倒れて2死2塁のチャンスで、先ほど逆転3ランの吉田正尚。

 

なんとこの場面で吉田正尚は敬遠されました。

 

そして、2死1.2塁でまわってきたロメロもフォアボールを選びます。

目の前のバッターが敬遠されて打ちたくなるところをよく我慢しました。

 

そして2死満塁から

マレーロが初球をとらえて走者一掃のタイムリーツーベース!!8-3

 

マレーロやってくれました。フォアボール3つで出たランナーを全て返しました。

 

ここまでオリックスは4安打で8得点です。

 

2番手金田のあとは、5.6回をヘルメンがしっかり抑えました。

 

しかし、7回表

この回から登板の黒木が、2死ランナーなしから、森友哉にフォアボールを与えると、続く源田にヒット打たれて、2死1.3塁から

 

代打坂田に3ランホームラン打たれました。8-6

 

試合がわからなくなってしまいました。

 

 

しかし、直後の7回裏でした。

この回先頭の西野がショート内野安打で出塁すると、続く吉田正尚もヒットでつなぎます。

 

ロメロは倒れますが、続くマレーロがフォアボールでつなぎ満塁のチャンス!

 

T-岡田は三振に倒れて、2死満塁から

 

安達がだめ押しとなる走者一掃のタイムリースリーベース!!11-6

 

安達が決めてくれました。坂田の3ランで嫌な流れになりましたが、完全なるだめ押しの一打。

 

 

その後は5点差ありますが、8回近藤、9回は平野佳寿が抑えてオリックス勝利。

 

 

勝ち投手は山崎福也の悪い流れを断ち切った金田につきました。

 

何気に4カード連続勝ち越しです。

 

3位楽天が負けて11ゲーム差に。まだまだ離れていますが、ひょっとするとと思っています。

 

 

次のソフトバンク戦が大事ですね。山田にもう一度チャンスはあるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。