金子千尋 糸井は抑えたが、まさかの9失点


関西ダービー初戦。糸井が移籍したこともあり、例年以上に注目の試合でしたが、まさかの完敗です。

 

交流戦初黒星、連勝も7で止まりました。

スポンサーリンク

オリックス4-11阪神

 

先発ピッチャーは金子千尋と秋山です。

 

7連勝の勢いそのまま、オリックスが先制しました。

 

1回裏

先頭の駿太がフォアボールで出塁すると、続く西野もヒットでつなぎます。

 

しかし、安達の打席で、2塁ランナーの駿太がアウトになり、安達も倒れて、チャンス逸したかと思いましたが

 

ロメロもヒットでつなぎ、2死1.2塁から

 

小谷野のタイムリーで先制しました。1-0

 

さらに続くチャンスで中島にもタイムリーツーベースが飛び出しました。2-0

 

 

いい感じで先制したし、ピッチャーは金子千尋だし、今日は勝ったかと思いましたが、甘かったです。

 

3回表

この回先頭の糸原にヒット打たれると、続く梅野はバント。

 

糸井は打ち取りますが

 

上本にタイムリーツーベース打たれました。2-1

 

さらに続く高山に同点タイムリー打たれました。2-2

 

福留にはフォアボールで再び1.2塁から

 

原口に勝ち越しのタイムリー打たれました。2-3

 

さらに、鳥谷に痛恨の3ランホームラン打たれました。2-6

 

2死からまさかの6失点です。

 

 

その後、オリックスはチャンスを作りますが、あと一本が出ず。

 

 

すると金子千尋が踏ん張りきれません。

 

6回表

1死後、糸原がフォアボールで出塁すると、梅野が送りバントで2死2塁から

 

糸井にタイムリー打たれました。2-7

 

さらに上本にもフォアボールを与えたところで金子千尋はノックアウト。

 

金子千尋が出したランナーを後続のピッチャーが返し、金子千尋は9失点です。

 

前々回も楽天相手に8失点だったのでちょっと心配ですね。

 

 

9回裏に2点返しますが、時すでに遅し。

 

関西ダービー初戦は完敗でした。

 

連勝が止まるのはしかたありません。

 

大事なのは連敗しないこと。

 

明日、明後日は絶対勝ちましょう。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「金子千尋 糸井は抑えたが、まさかの9失点」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。