オリックス2022年ドラフト1位は曽谷龍平と公言


オリックスの福良GMが今年のドラフト1位を公言しました。

 

白鷗大学の曽谷龍平投手です。

 

オリックスがドラフト1位を公言するのは久しぶり。田嶋の時以来じゃないですかね。

スポンサーリンク

 

曽谷 龍平

2000年生まれ。いわゆる藤原、根尾の大阪桐蔭最強世代。

オリックスでいうと、太田椋、宜保と同い年です。

 

左の本格派ピッチャー。タイプ的には田嶋タイプですね。

宮城や山崎福のような技巧派では無さそうです。

 

奈良県出身で、高校は秋田の明桜高校でしたので、ロッテの山口と同級生ということになります。

 

甲子園には2年生の時に出場。

3年生の時は、決勝で金足農の吉田輝星と投げ合い敗れました。

 

今のところ、曽谷選手と公言しているのはオリックスだけ。果たして1本釣りなるでしょうか。

スポンサーリンク

 

左投手はオリックスの補強ポイントではありますが、先発というより、リリーフですよね。

 

曽谷投手をリリーフ用で獲得しに行くとは思えないです。

 

それよりも野手を1位指名してほしかった。

 

個人的には早稲田の蛭間か、立教大の山田健太に行ってほしかった。

 

蛭間は西武が1位指名を公言してるので、もう取れないですし、山田健太も11番目か12番目になるドラフト2位で取れるとも思えない。

 

貧打に苦しんでいる今シーズンなのに、野手を優先的に獲得しなくて大丈夫なのか?

 

セカンドのレギュラー決まってないですし、外野も杉本や中川が来年も打てるとは限らないですよ。

 

これだけピッチャーが揃ってるオリックスなのに、1位がピッチャーなのは、ちょっと残念でしたね。

 

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です