東明大貴 右肘の手術へ

オリックスの東明大貴が、25日に右肘のクリーニング手術を行うことになりました。

スポンサーリンク

 

クリーニング手術とは

関節内に遊離した軟骨や、関節の周囲に形成それた骨棘を取り除く手術のことをいいます。

 

 

実は、昨年の11月にも全く同じところを手術していましたが、症状が良くならないということで、再び手術することになりました。

 

 

これで今季は絶望となったわけですが、来年の開幕に間に合わせるためにも、この時期でよかったかなと思います。

 

 

去年の自身の開幕戦で勝利して以来、現在10連敗中なので、早く連敗を止めて欲しかったですが、来年以降に持ち越しです。

 

 

結局、今年は交流戦の3試合の登板に終わりました。

 

今シーズン初登板だった5月31日のヤクルト戦は良かったですね。

 

6回を1失点という内容でしたが、東明が投げているときは援護がありませんでした。

 

 

2度目の登板となった6月7日の阪神戦では、4回4失点と乱調。

 

味方が逆転したため、勝ち負けはつきませんでしたが、あわや11連敗目を喫するところでした。

 

 

そして、今シーズンの最後の登板になってしまった6月14日の広島戦は、結果だけみると3回1失点ですが、内容は悪かったですね。

 

よく1点で済んだなという内容でした。

 

 

 

それ以降は登板なく、今年はわずか3試合の登板で、防御率は4.15。いずれも勝ち負けはつきませんでした。

 

 

手術は大変だと思うのですが、金子千尋、西勇輝、ディクソンに次ぐピッチャーだと思うので、来年は開幕からローテーションに入っていることを期待してます。

 

早く連敗を止めてほしいですね。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介