オリックスーオーストラリア

WBC強化試合の最後の試合が行われました。

 

オリックスーオーストラリアは引き分けでした。

スポンサーリンク

オリックス1-1オーストラリア

先発ピッチャーはローテーション入りを狙う山田です。

 

立ち上がりにつかまります。

1回表、いきなり満塁のピンチを招くと、犠牲フライで先制を許しました。0-1

 

しかし、直後の1回裏。

先頭の西野がツーベースで出塁。続く安達が進塁打で繋ぎます。

 

そして、今日3番に入った伊藤光がフォアボールで繋ぎ、続く今日4番に入った吉田正尚もフォアボールで繋いで、満塁のチャンス。

 

ここで、続くT-岡田の内野ゴロの間に同点に追いつきました。1-1

 

一気に行きたかったですね。ああいう場面で逆転打でも打てると、T-岡田も4番になれると思うんですよね。

 

 

さて、先発山田は失点は初回だけでした。

 

4回まで投げて1失点という内容でした。まずまずですね。

 

 

5回からは、こちらもローテーション入りを狙う山崎福也が登板。

 

山崎福也も4回を投げて、無失点でした。

 

左の先発争いが熾烈になってきましたね。松葉、山田、山崎福也と切磋琢磨してくれたらと思います。

 

9回はヘルメンが登板しました。

 

いきなり西野がエラーしてランナーが出たのですが、後続をしっかり抑えました。

 

外国人争いも熾烈です。

 

先日、モレルが開幕絶望となりましたが、ディクソン、ロメロは確定で、コーク、ウェスト、ヘルメンで2枠を争うことになります。

 

昨日、ウェストは日本代表戦で秋山翔吾にタイムリーを打たれたので、一歩後退しているのかなと思います。

 

オリックス打線も今日は初回の1点のみでした。

 

最終回は1死満塁のサヨナラのチャンスでしたが、駿太、大城が倒れて試合終了。

 

各国との強化試合は1勝1敗2分に終わりました。

 

やっぱりこの4国では日本が1番強いですね。

 

あのオリックスに勝ったんですから。笑

 

残り1枠はキューバとオーストラリアのどちらかになりそうですね。

 

 

さあ、いよいよ明日からWBCが始まります。

 

初戦の相手はキューバ。19時プレーボールです。

 

初戦が大事になってくるので、絶対勝ってほしいと思います。

 

日本代表の日程は7日、キューバ戦、9日、オーストラリア戦。10日、中国戦となっています。

 

普通にやれば、1次ラウンドは余裕だと思うので、そこで調子を上げて、2次ラウンドに臨んでほしいと思います。

 

4年ぶりのWBC楽しみです!

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!