オリックスー日本代表

今日は久しぶりに大阪ドーム行ってきました。

 

WBC強化試合のオリックスー日本代表です。

 

日本代表にとっては最後の強化試合です。オリックスファンとしては勝ってほしかったですが、最終回にやられました。

スポンサーリンク

オリックス3-5日本代表

 

先発ピッチャーは金子千尋です。今年、実戦初登板になります。

 

1イニングだけの登板でしたが、しっかり抑えてくれました。

 

開幕投手に決まっているので、逆算して調整してほしいと思います。

 

すると、1回裏です。

日本の先発、藤浪晋太郎から、先頭の西野がヒットで出塁すると、すかさず盗塁を決め、続く安達の送りバントを藤波がタイムリーエラー!1-0

 

さらに、安達も盗塁を決め、無死2塁から、吉田正尚のタイムリーで追加点あげました。2-0

 

幸先のいい攻撃でしたが、あとが続きませんでした。

 

 

金子千尋は1イニングで降板。2回からは近藤がマウンドに上がりました。

 

近藤がいきなりつかまります。

中田翔にヒット、坂本勇人にツーベースで無死2.3塁から、鈴木誠也に逆転の3ランホームラン打たれました。2-3

 

やっぱり鈴木誠也はオリックスの天敵ですね。

 

しかし、近藤はその後立ち直り、5回まで投げて、ホームランの後はしっかり抑えました。

 

すると、4回裏です。

小谷野のツーベースで作ったチャンスから、若月のタイムリーで同点に追いつきました。3-3

 

 

試合はその後、膠着状態。

 

6.7回はルーキーの澤田圭佑がマウンドに上がり、2イニングを無失点に抑えます。

 

そして、8回からはマット・ウエストが登板。

 

8回は抑えましたが、9回でした。

 

先頭の平田にヒットを打たれ、2死までこぎつけますが、坂本を歩かし、2死1.2塁から、代打秋山翔吾に決勝の2点タイムリースリーベース打たれました。3-5

 

あと、1人で負けがなくなるという場面だったのですが、惜しかったです。

 

9回裏はいきなりチャンステーマから。2死後は、懐かしの紅の牛も流れましたよ。

 

試合は残念ながら負けました。日本代表にオリックスが勝つところを見たかったですが、キューバ戦に向けて勢いつけたということにしておきましょう。

 

また、今日は3回裏に平野佳寿が登板しました。

 

安達をライトフライ。吉田正尚を空振り三振。ロメロをショートライナーに抑えました。

 

平野佳寿対オリックスが見られて面白かったです。

 

 

さあ、いよいよ7日からですね。

世界一奪還目指して頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!