山本由伸登録抹消 新人王の資格を残すためか

1日の公示で、昨日、プロ2度目の登板で初勝利をあげた山本由伸が登録抹消されました。

 

5回までしか投げていないため、球数もそんなに多くはないですし、何より2回連続で好投しているので、このまま一軍のローテーションに入るのかと思ってた矢先での抹消です。

 

 

どうして、このまま一軍のローテーションに入れないのでしょうか?

 

 

来週はオリックスは木曜日に試合がなく、火曜水曜の2連戦です。

 

木曜日に試合がないから、一度抹消させたことが考えられます。

 

 

ですが山本は、30日に先発し山田修義よりも結果を残しています。

 

 

なので、山田修義、金子千尋を2連戦で先発させるのであれば、金子千尋、山本由伸で2連戦先発させる方が、公平ですよね。

 

 

この世界は結果が全て。

山田を残して山本抹消はありえないですからね。

スポンサーリンク

 

では、他にどんな理由が考えられるのか?

 

新人王の資格を残すためかもしれません。

 

新人王は1年目じゃなくても取ることができるのはご存知だと思います。

 

2008年の小松聖がそうでした。

 

 

ただし、それには条件があり

 

1.支配下登録されてから5年目以内ということ。

2.投手は30イニング以上の投球回を投げていないこと、野手なら60打席以上立っていないこと

 

が、条件としてあります。

 

 

山本由伸は2度の登板で合計10イニング投げています。

 

なので、後20イニング以上投げると来年の新人王の資格はありません。

 

 

もし、このまま一軍のローテーションに入ったならば、残り4試合ほど先発の機会があると思います。

 

そうなると20イニングは超えるでしょうから、その辺りを計算しての配慮かもしれません。

 

 

あくまでも予想ですけどね。

 

単に10日の間隔をあけて回すためかもしれませんし。

 

 

なにはともあれ、楽しみな選手が出てきましたね。

 

ロッテには失礼ですが、上位チーム相手にどんなピッチングをするかも見てみたいです。

 

 

次の登板を楽しみにしましょう。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介