オリックス コーチングスタッフ2018

オリックスの2018年のコーチングスタッフが発表されました。

 

藤井康雄さんが帰って来たり、高山コーチが帰ってきたり、戦力外通告を受けた川端が即コーチに就任したりと、今年といろいろ変わっています。

 

 

2018年のコーチングスタッフは以下の通りです。

【一軍】

監督 福良淳一 78番

ヘッドコーチ 西村徳文 77番

投手コーチ 高山郁夫 73番

投手コーチ 平井正史 72番

打撃コーチ 藤井康雄 71番

打撃コーチ 下山真二 74番

内野守備走塁コーチ 風岡尚幸 76番

外野守備走塁コーチ 佐竹学 75番

バッテリーコーチ 鈴木郁洋 82番

ブルペンコーチ 別府修作 90番

 

【二軍】

監督 田口壮 81番

ヘッドコーチ兼育成統括 弓岡敬二郎 85番

チーフコーチ兼打撃コーチ 米村理 86番

投手コーチ 小林宏 89番

投手コーチ 小松聖 88番

打撃コーチ 辻竜太郎 79番

内野守備走塁コーチ 勝呂壽統 83番

外野守備走塁コーチ 早川大輔 84番

バッテリーコーチ 三輪隆 70番

 

【育成】

育成コーチ 酒井勉 80番

育成コーチ 斎藤俊雄 87番

育成コーチ 川端崇義 96番

 

と、なっています。

赤字のコーチは復帰もしくは新就任です。

 

 

藤井康雄コーチの復帰が嬉しいですね。

2003年〜2006年、2009年とオリックスの二軍の打撃コーチを務めていました。

 

T-岡田にマンツーマンで指導して開花させたのは有名です。

 

この度、オリックスでの一軍の打撃コーチは初めてとなります。

 

また、新たなスター選手を輩出してくれることに期待してます。

 

 

また、高山コーチもオリックスに復帰です。

2013年〜2015年までオリックスの投手コーチを務めていました。

 

大躍進した2014年のコーチでもありますし、比嘉や佐藤達也をブレイクさせたのは高山コーチです。

 

また、ディクソンも素晴らしいコーチと称しています。

 

平野佳寿やヘルメンが退団濃厚ですが、また投手陣をまとめてくれることでしょう。

 

 

また、育成コーチでは戦力外通告を受けたばかりの川端が就任しました。

 

川端は現役に未練はなかったのでしょうか?

戦力外通告が発表されたのは10月28日で翌日にコーチ就任発表ですから、すぐに受け入れたということですね。

 

川端にはまだまだ現役で頑張って欲しかったですが、コーチになったからには、そちらで頑張ってほしいと思います。

 

 

さて、コーチングスタッフが決まりましたが、来年はなかなか良いのではないでしょうか?

 

去年は高橋光信コーチとか正直疑問でしたから。

 

コーチングスタッフも良いですし、ドラフトもうまく行きました。

スポンサーリンク

 

2018年のオリックスは楽しみですね!!

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介